余興やスピーチはあっても、一昔前の結婚式は基本的にはゲストは招かれるもので新郎新婦のセレモニーを見ているものでした。しかし、昨今ではみんなで楽しむというスタンスの結婚式が多く、演出もゲストに気軽に参加してもらうものが増えてきています。ここでは目新しい演出の中から特に取り入れやすい、みんなが楽しめる参加型のものをピックアップしてご紹介いたします。これから結婚式を予定している方は参考にしてくださいね。

1. みんなと素敵な写真を撮ろう!「フォトブース」

花嫁花婿だけではなく、結婚式ではゲストたちもドレスアップしてきてくれます。しかも、楽しい結婚式なので最高の笑顔が撮れるチャンスなので、ここはしっかり記念の写真を残したいですね。フォトブースは撮影用に特別に用意された場所のことを指します。海外ウェディングでは定番の人気の演出で日本でも取り入れるカップルが増えています。

フォトブースには結婚式ならではの背景を用意したり、花や風船やお祝いメッセージを飾ったり、フォトフレームを用意することもあるようです。結婚式ならではの華やか、可愛いものでも、ユニークなものでもいいですね。DIYする新郎新婦が多いのでセンスの見せ所です。

写真なら別にフォトブースがなくても勝手に撮るよと思うかもしれませんが、新郎新婦だけではなく、ゲストと一緒にオリジナルのフォトブースがあればちゃんとした写真を撮るきっかけになります。また、背景がきまっていると、せっかくの正装が映えるのでゲストに喜ばれます。カメラマンさんにも事前にお願いして、フォトブースでの撮影時間を設けてもらうのがおすすめです。

2. インスタ世代には欠かせない!「フォトシャワー」

フォトブースに続いて、写真のアイデアとしてぜひ取り入れたいのが「フォトシャワー」というサービスです。若者の多くがSNSを楽しんでおり、今この時に撮った写真をみんなにシェアするのがあたり前の時代。溢れるほどのシャッターチャンスがある結婚式ならは尚更今撮った写真や、とっておきの思い出写真をその場で楽しみたいですよね。

「フォトシャワー」は会場に用意したスクリーンにゲストがスマホで撮った写真をネットを介して次々にアップし、みんなで楽しめるサービス。新郎新婦は当日自分では写真も撮れませんし、プロのカメラマンでなくても、最近は写真を撮り慣れている方も多いため、みんなが撮った写真の中でベストショットも多いはず。それを逃さず保存できるのも良いですよね。

参照
フォトシャワー(外部リンク)

また、同様のサービスに「フォトシュシュ」というものもあります。

3. あえてのインスタントカメラ、が楽しい

また、スマホではなく、あえてインスタントカメラを席事に置いておいて撮ってもらうというアイデアも。懐かさもあって意外に面白がって撮りたがる方も多いようです。カメラもお洒落にデコレーションしておくのもいいかもしれません。

また、インスタントカメラなら子供でも撮りやすいので、ゲストのお子さんにインスタントカメラを渡してカメラマンをお願いするアイデアも。子供が一生懸命撮っている姿は和みますし、子供自身も退屈せずに過ごせるので良いアイデアだと思います。

4. 花嫁と一緒に感動できる!「ブライズメイド」

ブライズメイドとは花嫁の付き添い、立会人として花嫁に付きそう女性たちのことです。友達、姉妹、親せきの未婚の女性2~5人が勤めるのが一般的ですが、今はでは未婚、既婚かはあまりこだわらないようです。

ブライズメイドといえばおそろいのドレスですが、それも同じ色で統一する、ドレスの形で合わせるなど、なんらかの統一感があればいいという感じになっているようです。因みに、ブライズメイドは、元々はキリスト教式結婚式の習慣ですが、日本では神前式や人前式でも取り入れている例があります。特別な作法やしきたりはなく、花嫁に花を添えて、自分たちも可愛く、素敵なコーディネートして楽しむ。それが日本のブライズメイドの楽しみ方なので、花嫁と共に結婚式を華やかに盛り上げたいものです。

ブライズメイドのドレスを扱っているお店もかなり増えており、専門店も。演出の定番化しつつあります。

参照

5. ゲスト全員で縁結びのお手伝い!「リングリレー」

結婚指輪の交換がある場合、おすすめなのは「リングリレー」です。最近の結婚式に出席していない方はその言葉自体知らない場合があるかもしれませんが、人気の演出の1つになってきました。

リングリレーの際用意するのは2本の長いリボン。新郎新婦にむけて一列に並んだゲストが1本のリボンをもち、リボンに通した結婚指輪を順番に後ろから前へと渡していき、新郎新婦まで届けるというものです。

ゲスト同士、顔見知りではない場合、同じ場にいても交流しにくいですが、ちょっとしたゲームのような形でゲスト全員の協力で新郎新婦に指輪を届けることで一体感が生まれ和やかな雰囲気になります。新郎新婦の縁結びに関わりますので、感動を共にできるのもいいですね。リボンさえ用意すれば手間なくできるのも魅力です。

6. ゲストみんなで完成させる!「結婚証明書」

特に人前式で最近人気の演出なのが「結婚証明書」です。もちろん公的な書類ではなくあくまで結婚式の演出ですが、ポイントは新郎新婦がサインするだけではなく、ゲストにも何らかの形で参加してもらうことです。

ゲストにスタンプやシール、指紋による捺印をしてもらい、それによって1本の木を完成させるウェディングツリーは人気のアイデアです。

署名をしてもらうものも、素敵な商品が多くあります。

結婚証明書というわけではありませんが、結婚を祝してゲストにカラーサンドを流し入れて完成させてもらい「サンドセレモニー」というものあります。

サンドセレモニー lovers(外部リンク)

これなら新居のインテリアにもなり、結婚式のことがいつでも思い出されて素敵です。

7. 会話のきっかけにもなる!「〇〇当てクイズ」

結婚式ではあまりゲームはしないイメージがありますが、子供も年配の方も楽しめるものとしてゲームはおすすめです。それほど手間かからず、ゲストだからこそ楽しめるのが結婚式の内容から出題するクイズ。高価なものでなくてもちょっとした景品を用意しておくと良いでしょう。

例えば、結婚式のお色直しの際に花嫁のカラードレスの色を当てるクイズはいかがでしょうか。それから、ウェディングケーキの形や、デコレーションなどを当てるクイズ、結婚式で使用する曲を当てるクイズ、複数の赤ちゃんの写真から新郎新婦の写真を当てるクイズなど和やかに楽しめそうです。

自然と話のきっかけになるクイズがあれば、他に知り合いがいないゲストもぽつんとなることなく結婚式を楽しめると思います。テーブル席であれば席対抗にしてもさらに楽しそうです。

今回挙げた演出では参加型ですが負担は大きくなく、参加してもらうことによってゲスト自身もさらに結婚式を楽しめるのではないかと思います。自分たちの結婚式をゲストが楽しかった!と言ってもらえたら幸せな気持ちも倍増するはずです。