結婚式よりも先にウェディングドレスや和装で写真を撮る前撮りは落ち着いて記念写真を撮影できるのが長所です。挙式とは違う衣装で撮影することも可能で、チャペルや日本庭園、スタジオなど様々な場所でイメージどおりの二人の姿を写真に納めることができます。せっかく撮ったお気に入りの写真たち、自分たちだけで楽しむのはもったいないですよね。前撮りをした新郎新婦はできあがった写真をどうしているのでしょうか?

まずはデータを整理しお気に入りの写真をチェック

前撮り後には台紙に入れた写真やアルバム、それとデジタルデータをもらうのが一般的です。女性は特に、撮った写真をみんなに見てもらいたいと思うもの。親族にメールで送ったりSNSで友人に公開したりするために、受け取ったデータからお気に入りのものを選んでおくと便利です。何枚かスマートフォンに保存しておくとちょっとしたときに人に見せることができます。またオンラインアルバムやクラウドサービスに保存しておくのもおすすめです。

結婚式当日はウェルカムボードやスライドショーに生かしてゲストにお披露目

結婚式や披露宴当日は直接ゲストに晴れ姿を見てもらえますが、前撮りの写真にもまた別のよさがあるものです。ウェルカムボードや受付周りに置くフォトフレームに前撮り写真を使ってゲストをお迎えしましょう。また披露宴の中で流すオープニングムービーやプロフィールビデオ、エンドロールといった映像に使うのにもぴったりです。二人が無事にこの日を迎えられた感謝を伝える演出として最適です。

ただし前撮り写真の受け取りには撮影から一ヶ月以上かかることが多いため、式で写真を使いたい場合はできあがりの納期についてあらかじめ確認をしておきましょう。

結婚報告のはがきやお礼状、年賀状に

結婚式に出席することができなかった人やお世話になっている人への結婚挨拶の報告、お礼状などに前撮りの写真を使うと喜ばれます。また結婚後初めて出す年賀状に使う写真としてもおすすめです。笑顔が多くイキイキとした表情の結婚式当日の写真と、きちんとしたフォーマルな雰囲気の前撮り写真、両方をバランスよく配置してもいいでしょう。