昨今では結婚式は多様化し、できるだけお金をかけずに挙式、披露宴にこだわらずにレストランパーティーにするなど、お金をかけない結婚式が増えています。とはいえ、それでもある程度まとまったお金が必要なのが結婚式。結婚式をしたい時に現金の工面が難しいということもあるのではないでしょうか。今回は、そんな時に便利なブライダルローンについて解説いたします。

ブライダルローンとは?

住宅ローンが住宅や土地を購入する際に限定されたローンであるように、ブライダルローンは結婚にかかるお金を一括で借りられるローンです。どのような用途のローンかといえば、以下のようなものが挙げられます。

  • 挙式・披露宴の費用
  • 婚約指輪・結婚指輪の購入費用
  • 新婚旅行費用
  • 家具・家電購入費用

ブライダルローンの利用する事情とは?

結婚は物入りなのは事実です。引っ越し費用、新居のための家具・家電購入など、一緒に暮らしはじめるだけでもまずお金がかかります。お互いの両親が遠方に住んでいる場合、挨拶に行くために旅費の負担もあるでしょう。また、おめでた婚の方なら、出産費用、赤ちゃんグッズの購入もありますね。

そして、結婚式、新婚旅行にはタイミングがあります。今、まとまったお金を出す余裕はないから後でと考える方もいるでしょうが、その後でがなかなか実現させるのは難しいのも事実です。

一生に一度のせっかくの結婚式だから、やっぱり妥協せず満足のいくものにしたい。様々な事情から親や親せきに資金面で頼れない。そういう方もいるはずです。

ブライダルローンのメリット

ブライダルローンはカードローンに比べて以下のようなメリットがあります。

金利が安い

目的型のローンは概してそうですが、使用の目的が制限される分、金利が安くなります。平均的に金利5%~7%と、金利の負担がカードローンと比較して軽く済みます。

借り過ぎることがない

ブライダルローンは結婚資金と借りられる目的が限定されるため、借り過ぎることがあまりないです。

直接式場に振り込まれる

結婚式場と提携しているローンの場合は、直接式場に振り込まれますので、式場へ自分で現金を振り込む必要はありません。

ブライダルローンのデメリット

一方、カードローンと比較して、ブライダルローンには以下のようなデメリットがあります。

カードローンよりも審査が厳しい

ブライダルローンは金利が低く設定されている分、カードローンよりも審査が厳しいです。返済能力があること、つまり安定した収入があることを求められ、年収、務めている企業の規模、業績などが考慮されますので、場合によっては借りられないことも考えられます。

審査に時間がかかる

カードローンの場合、即日お金を借りられることも少なくありませんが、ブライダルローンは審査にそれなりの時間がかかります。

多めにお金を借りること、追加融資は不可

目的が限定されているローンですので、必要以上にお金を借りることはできません。また、借りた後に追加融資はできません。

主要なブライダルローン紹介

ブライダルローンとしている会社もありますが、「多目的ローン」として扱っている場合もあります。以下に主要なブライダルローンを挙げますので参考にしてください。

みずほ銀行 多目的ローン

変動金利5.875% 固定金利6.65% 借入期間 最長7年 借入限度額 300万円 (2019年2月時点)

みずほ銀行の場合、ブライダルに加え、車購入、旅行費用などにも利用可能な多目的ローンになっています。変動金利、固定金利どちらも選べ、今のところ変動金利はかなりお得です。

みずほ銀行 多目的ローン (外部リンク)

楽天銀行 目的型ローンブライダル

固定金利7.0% 借入期間 最長8年4ヶ月 借入限度額 300万円 (2019年2月時点)

楽天銀行は金利が固定されており、来店が不要でネットでのやり取りのみで契約が全て完了するのが大きなメリットです。

楽天銀行 目的型ローンブライダル (外部リンク)

プレシャンテ ブライダルローン

固定金利6.50% 借入期間 最長7年 借入限度額 500万円 (2019年2月時点)

全国で400ヶ所ほどの提携式場のあるブライダルローンですので、その中に利用したい式場がある場合、審査の時間も短縮できますのでとても便利です。500万円まで借りらのも大きなポイントです。

プレシャンテ ブライダルローン (外部リンク)

ブライダルローンを利用する前に熟考すべきこと

ブライダルローンの場合、審査の規準がカードローンより厳しく、限度額も低めになっているため、順調に返済しやすいというメリットがあります。しかし、結婚後に思わぬ出費が増えて返済していくことが難しくなることも考えられますので、長い期間で返済していく設定にすることは避けるべきではないでしょうか。

結婚式、新婚旅行、結婚指輪・婚約指輪は大切な妥協できないものであることは分かります。しかし、全てを思い通りにと考えたら多くの方が資金面で厳しくなってしまうでしょう。どうしても譲れない部分と妥協してもいい部分を今一度借りる前に熟考していただきたいと思います。

ブライダルローンを使わない選択肢も

結婚式は今や立派な挙式・披露宴にこだわるものではなく、新郎新婦がそれぞれのライフスタイル、目的、身の丈に合わせて行うものです。ゲストの多くもそうしたスタイルでなくても二人の幸せな姿を見て楽しく過ごせればよい結婚式だったと満足するでしょう。以下のようなお金をかからない結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。

食事会、レストランウェディングを検討する

専用の結婚式場やホテルでの結婚式での挙式、披露宴は場所、料理など高級感があり、至れる尽くせりである分、かなり費用はかかります。親兄弟、親せきなど通常30人以上は招待客がいますのでご祝儀は期待できますが、はじめに式場に支払わなければいけない金額が300万円以上必要なことが多いです。その点、レストランウェディングの相場260万円ほど。はじめに用意する金額をかなり抑えることが可能となります。

ゼロ婚など持ち出し費用をかからないサービスを利用する

ご祝儀内に結婚式が挙げられれば懐がまったく痛むことなく結婚式も挙げられます。究極ホテルでの挙式・披露宴であっても、実は招待客の人数が多ければ多いほど、自己負担額は減るのです。つまり、それなりの人数を招待して、オプションを最小限にすれば自己負担額のかからない式も挙げられるでしょう。しかし、それは招待客に失礼ですし、自分たちにとって良い結婚式とはいえませんね。とはいえ、結婚式には概して必要ないようにも思える高額な出費や想定外の出費がかかることがあるのも事実です。「ゼロ婚」「楽婚」「スマ婚」などのサービスは日程や会場はある程度限定されますが、不必要な出費を抑えることによって自己負担額を最小限に抑え、いただいたご祝儀での後払いもできますので、検討してみるのもよいでしょう。

ゼロ婚 (外部リンク)
楽婚 (外部リンク)
スマ婚 (外部リンク)

落ち着いてから結婚式

出産、子供の入学、マイホーム購入など、結婚の後も次々にお金がかかることがでてきますので、結婚後もお金を貯めるのはなかなか大変なのは確かです。時間が経つほどになんとなく結婚式に招待しにくいというのもあります。しかし、落ち着いたからこそ、本当に自分たちらしい、身の丈の合った結婚式ができる場合もあるのではないでしょうか。ブライダルローンを返済することを考えれば、結婚してから、少しずつ結婚式の資金を貯めていくというのも先々の励みになるかもしれません。

 

結婚式とお金の問題はやはり難しいなと感じます。しかし、結婚自体も結婚式も考え方やそのスタイルは多様化していますので、自分たちにとってベストな結婚式は何かをじっくり考えたいものですね。