全国の各自治体では婚活イベントのみならず、「結婚」をお祝いする取り組みや結婚お祝い金、挙式支援など、さまざまな「婚姻支援」が行われています。中には「こんなことまで自治体がしてくれるの?」という面白い取り組みも。いくつかご紹介しましょう。

栃木県佐野市 「さのまる結婚披露宴へ派遣」

記事


「さのまる」は栃木県佐野市の公式キャラクター。ゆるキャラグランプリ2013でも日本一に選ばれたゆるキャラ界の成功者です。ちなみに笠は佐野ラーメンのお椀、前髪は佐野ラーメンの中太ちぢれ麺、剣は佐野市名物のいもフライでできているそうです。
この「さのまる」が平成27年6月から結婚披露宴へ無料で派遣されることになりました。派遣の条件は、佐野市内で参加者が50人以上の結婚披露宴であること、新郎新婦が婚姻後佐野市内に住むこと、新郎新婦のいずれかが5000円以上の寄付で加入する「さのまるサポーターズ」のプレミア個人会員で、披露宴会場を運営する会社が1万円以上の寄付で加入する企業・団体会員に加入していること。
「さのまる」の活動をチェックしてみると、佐野市内のイベントや各地で行われているゆるキャライベントへの出席で大変お忙しいご様子。「さのまる」派遣の条件をクリアして、さらに多忙な「さのまる」のスケジュールが空いている日に披露宴をするカップル・・・「さのまる」を披露宴に派遣してもらうのは、なかなか高いハードル!
この「さのまる」、経済波及効果は1年間でなんと226億円!(佐野市の試算による)「さのまる」誕生以降では累計592億円と、佐野市の一般会計予算を上回るほど。もちろん大きな愛らしい瞳で人気もかわいさも日本一!こんな大物が披露宴に来てくれたら、招待客もさらに盛り上がること間違いありませんね。

転出者数が転入者数を上回る「転出超過」が2年連続で全国ワースト2位になった静岡県。とりわけ静岡市と沼津市は転出超過の上位20市町村に入ってしまいました。人口減少に強い危機感を持っている沼津市と静岡市では、こんな婚姻支援を行っています。

静岡県沼津市 「NUMAZU ウェディング」

伊豆半島のつけ根に位置し、静岡県内でも有数の漁獲高を誇る港町・沼津。干物の町のまちとして有名です。この沼津市、「結婚という人生最大のライフイベントを市をあげてお祝いし、「沼津市」が人生の思い出の地となるよう、様々なサービスを行っています。」(市HPより)と、市民の「結婚」に関して自治体としてはかなり踏み込んで、熱く取り組んでいます。

沼津市オリジナル婚姻届
市の花「はまゆう」や、大瀬(おせ)まつり(駿河湾の漁民の信仰を集める大瀬神社の例大祭)をデザインした沼津市オリジナル婚姻届。15種類ものバリエーションがある。
NUMAZUウェディング・メモリアルシーンプラン
富士山を背景にした山や海、映画のロケ地、沼津御用邸記念公園など、沼津の魅力ある自然の舞台としたフォトウェディング。沼津を代表する12の場所の中から選んで、人前式の結婚式を行うことができる。(有料、実費相当)
夫婦の記念日祝福サービス
「婚姻」「金婚」「銀婚」のお祝いとして、夫婦の写真にメッセージを添えた記念シートを無料で贈呈。沼津市内の飲食店などで記念日を祝う予定の夫婦を対象に沼津Vipパスカードの発行し、そのカードを提示すると市内協賛施設で割引サービスや、スパークリングワイン1本などのサービスが受けられる。
静岡県沼津市
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/

静岡県静岡市 「しずおかエンジェルプロジェクト」
結婚支援事業「しずおかエンジェルプロジェクト」の一環として、「富士山」「お茶」「徳川家康公」などをモチーフとした婚姻届ダウンロードサービスや、駿府城公園や登呂遺跡など市内8か所におけるフォトウェディングを行っている。
静岡県静岡市
http://www.city.shizuoka.jp/index.html

結婚した夫婦だけではなく、「金婚式」「銀婚式」までお祝いしてくれるのは全国でも珍しい試みですね。
このような婚姻支援のほかに、沼津市では6月から、県内初となる市公認の婚活サポーター「縁結び隊」の隊員を募集。「地域の世話焼きな方」の人脈を生かし、結婚希望者同士の縁を取り持とうする取り組みです。静岡市では、「静岡市中央卸売市場の男性との料理イベント」や、「健康志向!」「歴男・歴女」などテーマ別婚活イベントなどを企画・実施しています。
全国の各自治体では、新婚家庭を対象とした家賃補助や、結婚お祝い金の給付なども行われています。人口減少に歯止めをかける対策の一つとして、これから自治体の婚姻支援はますます増えていきそうですね。お住まいの自治体の情報、ぜひチェックしてみてください。