披露宴会場や結婚パーティーなどの入り口に飾られるウェルカムボードは、ゲストが最初に目にするもの。来ていただいた感謝の意味も込めて、素敵なものにしたいですよね。業者に依頼すれば1万円以上かかるウェルカムボードですが、自分たちで手作りすれば、経費を節約できる上に、世界に一つだけのウェルカムボードが出来ますよ!

二人の思い出の写真をたくさん使おう

新郎新婦の思い出の写真をたくさんウェルカムボードに飾れば、ぐっと鮮やかな印象になります。大きな会場で一日に何組も結婚式があるようなところでは、二人の写真を使用することで、ゲストで来た方々にわかりやすく、安心感を与えることもできるので一石二鳥です。

ボードにこだわる必要はなし

ウェルカム「ボード」とは言いますが、「ボード(板)」であることにこだわる必要はありません。額縁を使用したり、紙やプラスチック素材のボックスの中に生花を入れて飾りを施してみたり、フラワーリースを使用してみたり…。二人のこだわりの品や、ゆかりの深いものをベースに作ってみるのも良いと思います。

シンプルなものも◎

趣向を凝らして色々とデコレーションしたウェルカムボードも良いですが、黒板や木材にペンキやチョークで日付や名前を書いただけの、ウェルカムボードの原点に立ち返ったようなシンプルなものも、オシャレで見栄えが良いと思います。

ウェルカムボードの手作りキットを使う

どのようにして作れば良いか分からないという方は、ウェルカムボードの手作りキットのようなものが、通販や東急ハンズなどにも売っています。種類もいろいろありますので、好みに合わせて選ぶことができます。

会場やパーティーの雰囲気に合ったものを

披露宴や結婚パーティーなど、それぞれイメージしているものがあると思います。自分がプロデューサーになったつもりで、当日を頭の中でシミュレーションしてみると、作るべきウェルカムボードが浮かんでくるのではないでしょうか?