プロポーズが終ると、本格的な結婚準備に入りますが、その中で挙式当日までに必ずやっておきたいことがあります。結婚生活をスムーズにスタートさせるには最初が肝心です。そのために必要な男性の身辺整理のポイントを解説します。

女性の友人には早めに報告を

結婚が決まったら、早めに女性の友人には報告しましょう。会社の同僚や後輩、プライベートで仲良くしているサークルや遊び仲間などの女性の中には、あなたに好意を寄せていた女性は必ずいます。その人にとって、あなたの結婚はショックな出来事です。このような女性程、明るくてサバサバとした態度をしていますから、普段はあまり異性として意識していないものですが、早めにきちんとした報告をしてあげることが、相手を思いやることになります。

私の周囲の男性をみていると、密かにその男性のことを想っていた女性にとってはどのようないい方であっても結果は同じようです。なぜなら、その女性にとっては、あなたのパートナーになることはできないという事実を受け止めることに必死になっているからです。報告した後に、そのような女性の気持ちを察知したとしても、やさしく接してはいけません。あえてスルーしてしまうことがやさしさだと思いましょう。

社内恋愛なら、早めに会社で公表、宣言してしまおう

もっとやっかいなのが、社内恋愛で結婚が決まった場合です。昔も今も恋愛は、5mとか10mなどの周囲の男女の交友関係から始まるケースが多いようです。ですから社内恋愛の場合には、男性も女性も直接的な行動は起こさなかったとしても、好意を寄せていた人がいます。時には同世代だけではない場合もあるでしょう。

ここでも重要なのは、早めに周囲に知らせてしまうことです。一番いいのは、二人で宣言してしまうことですね。「私達結婚します」といって、同僚や後輩に結婚式の準備のサポートをお願いしてしまうことです。但し、メンバー選びは厳選してください。想いを寄せている人は仲間に入れてはいけません。その人は、知らず知らずにみんなの足を引っ張る存在になってしまうからです。

おカネ関係をクリアにしておくことが、二人を守る

このようにして早めに結婚の報告を周囲に済ませた後に、必ずあなた自身の借金をクリアにしておきましょう。カードキャッシングやショッピングローンの返済を済ませておくのです。

金融庁が公表した「平成26年3月末の業態別貸付件数 1件当たり平均貸付残高」(http://www.fsa.go.jp/status/kasikin/20140930/15.pdf)をみると、消費者向無担保貸金業者(いわゆるカードキャッシング業者)は1件平均45.8万円、クレジットカード会社は22.9万円、信販会社は10.9万円、流通・メーカー系会社が20.1万円となっています。

これらの借金がある場合には、結婚式までには必ず返済するようにしましょう。貯金やボーナスなどで一度に返済するのが一番ですが、一度に返済するのが難しい場合は、大手金融機関がやっている「おまとめローン」などを使って、毎月の支払額を抑えて、計画的に返済するようにしましょう。このようにして借金をクリアにしておけば、周囲から余計な詮索をされ、面白おかしく噂をされるような心配もありません。

あなたや婚約者に想いを寄せている人にとって、二人の結婚は「可愛さ余って憎さ百倍」となりがちです。そこであなたが多額の借金で苦しんでいると知ったら、それは噂の格好のネタになります。そのようなことが起きないように、結婚の報告の後は、必ずおカネ関係をクリアにしておきましょう。

おカネに対する悪い評判は、いくら人当たりがいい人でも、会社での評価が下がることや、社会的な制裁を受ける原因になります。そのような噂の芽を摘むことは、あなたはもちろん愛する婚約者を守ることになるのです。