釣った魚に餌をやらない。そんなつもりはないけれど…婚約中はともかく、結婚してしまうと家族なんだから、とくにプレゼントなんて必要がないそう考える旦那様も少なくないでしょう。ましてやホワイトデーなんて単なる企業の営業戦略じゃない!そう思ってスルーしていませんか?

しかし、妻だって女性です。毎日生活を共にする旦那様だからこそ時には目に見えた形で愛情表現をしてもらえるととても嬉しいもの。さらに、期待していなかったのにプレゼントされれば嬉しさも100倍。今まできちんとしたプレゼントをしていなかった男性こそ、パートナーを喜ばせる最大のチャンスですよ!

家族だからこそ、身近にいるからこそのプレゼントを!

なんといっても、男性から女性へのプレゼントの王道は、アクセサリーです。アクセサリーにまったく興味がないという女性もいることにはいますが、それは稀。多くの女性はアクセサリーには並々ならぬこだわりを持っています。

しかし、出産して、小さな子供を育てている最中は、アクセサリーはなにかと邪魔になり、とくに専業主婦の方は身に付ける機会があまりなくなります。もちろん、それでもアクセサリーはもらえれば嬉しいですが、そんなに高価ではなくても、もっと日常に根ざしたものでもいいかもしれません。今回は、王道であるアクセサリー以外のプレゼントアイデアをご紹介します。

1. バスグッズやハンドクリーム

見た目が綺麗、可愛らしいバスグッズやハンドクリームなどは、女性から女性へのプレゼントとしてはメジャーです。男性も自分の最も身近な女性にその日頃の労に感謝の気持ちをこめて贈ってみてはいかがでしょう。

ただ肌質によってはNGな成分もありますし、香りなどは好みがあるのでリサーチしてくださいね。

2. 手料理でお家レストラン

綺麗にお掃除をして、テーブルにお花を飾って、手料理をふるまうのはいかがでしょう。そんなに難しい料理ではなくても、パートナーの好みの食材や飲み物を使えば、その思いやりがとても嬉しく感じられるはずです。もちろん、後片付けもお忘れなく!

3. 手紙

メールやラインなどで頻繁にやり取りしている方もいると思いますが、直筆の手紙には独特の味わいがあります。その筆跡から相手の顔が浮かび、思いもよく伝わってきます。自分の気持ちを再確認するという意味でも、この機会にあえて手紙で思いを表現してみるのはいかがでしょうか?

大仰なサプライズより、思いやりが肝心

愛する男性と結婚できた幸せ。時にはケンカをしたり、すれ違ったりしても、彼がいつも自分の近くにいて、フォローしてくれている。そう思えれば、なによりも女性は安心できて幸せに感じます。

これから結婚するカップル、またもう結婚しているカップルも、ドキドキやトキメキとは違う演出でホワイトデーを楽しんでみてはいかがでしょうか?