結婚指輪(マリッジリング)の種類と選び方、買い方、刻印について

Main e72e4cc2bbd9d8cf71ff9e8e92fd1d32

ほとんどの夫婦が結婚指輪(マリッジリング)を結婚式で交換したり、挙式をしなくても指輪だけを渡したり、何らかの形で指輪を贈り合っています。結婚指輪は婚約指輪ほど高価ではないものの、買い替えずに毎日身に着けるものなので、耐久性がありシンプルなものを選びましょう。購入方法は既製品、セミオーダー、フルオーダーハンドメイドなどがあり、素材はプラチナやゴールドなどがあります。リングのデザインは、ストレートライン、V字ライン、S字ライン、エタニティリングなどがあり、リングの外側や内側にダイヤモンドやサファイアなど石を埋めたデザインもあります。リングの内側には結婚記念日やアルファベット、メッセージを刻印するのが一般的です。以下に詳しく見ていきましょう。

index 目次
  1. 1. 結婚指輪(マリッジリング)の購入方法・スケジュール・相場
    1. 1-1. 購入方法
    2. 1-2. スケジュール
    3. 1-3. 結婚指輪(マリッジリング)の相場・費用 
  2. 2. 結婚指輪(マリッジリング)の素材、デザイン、選び方のポイント
    1. 2-1. 素材
    2. 2-2. デザイン
    3. 2-3. 結婚指輪(マリッジリング)選びのチェックポイント
  3. 3. 刻印の文例&注意点

マリッジリングは、エンゲージリングとともに古代ローマ時代に婚約した二人の間で鉄の輪=「永遠のシンボル」を交換したことに由来すると言われています。日本では1960年代以降、結婚指輪を交換し、指にする習慣が定着してきて、現在ではほとんどのカップルが結婚式で指輪を交換しています。結婚指輪、マリッジリング、ブライダルリングという呼び方もあります。

1. 結婚指輪(マリッジリング)の購入方法・スケジュール・相場

マリッジリング(結婚指輪)は基本的には毎日一生身に着けるものなので、ふだんの服装や生活に合う飽きのこないシンプルで丈夫なものを選びましょう。挙式で指輪を交換するので、挙式の3か月前くらいには準備を始めておきましょう。

1-1. 購入方法

フルオーダー

デザインを起こすところから指輪をつくる。完成まで時間がかかる。

セミオーダー

いくつかあるパターンの中から素材とデザインを組み合わせて指輪をつくる。

既製品

店頭に並んでいるものから選ぶ。サイズ調整に2週間~1か月かかる場合も。

セルフメイド(自分でつくる/手作り)

彫金工房やジュエリー工房、指輪工房などで、二人で指輪をつくる。新婦に内緒で新郎が手作りして当日サプライズという人も。作成方法や素材などによって異なるが、2~3時間で当日持ち帰れるところや1か月程度かけて完成するものなど。

1-2. スケジュール

指輪は注文してから受取るまでに時間がかかります。結婚式で交換する場合などは特にスケジュールをよく考慮して購入準備をしましょう。

記事

1-3. 結婚指輪(マリッジリング)の相場・費用

平均的な相場は2本で20万程度のようです。ダイヤモンドを埋め込んだリングだと2本で30万円以上になるものが多くなります。多くのカップルが、新郎の指輪は新婦が、新婦の指輪は新郎が購入し結婚式で交換しています。

2. 結婚指輪(マリッジリング)の素材、デザイン、選び方のポイント

2-1. 素材

結婚指輪を選ぶときは輝きやカラーに注目しがちですが、頑丈さや汚れやすさも非常に大切なポイントで、素材によって特徴は大きく異なります。結婚指輪は常に身に着けるものなので、素材にもこだわってみましょう。ジュエリーに使われる素材について詳しく説明します。

プラチナ

現在、結婚指輪としてもっとも人気のある素材がプラチナです。ダイヤモンドとの相性も良く、光沢があります。さらに強度が高く、変色や腐食がありません。結婚指輪は毎日つけるものなので、傷が付きにくく色が変わりにくいのは魅力的ですよね。デメリットは価格が高いという点で、ある程度の予算が必要です。

またほとんどのプラチナの結婚指輪には、プラチナの純度が表示されています。「純度が高いほどいい」というわけではなく、他の金属と混ぜることで強度を強くしています。結婚指輪には「Pt950」や「Pt900」が主に使われているので、チェックしてみましょう。

ゴールド

プラチナと同じく人気なのがゴールドです。耐久性が高くプラチナに比べて安価です。

ゴールドの純度は「K24(ゴールドの比率99.99%)」「K22(ゴールドの比率91.7%)」「K18(ゴールドの比率75%)」「K14(ゴールドの比率58.5%)」「K10(ゴールドの比率42%)」などと表します。純度が高いほど輝きは美しいのですが、傷つきやすくなります。

記事

ピンクゴールド

ピンクゴールドは金75%に銅や銀を25%混ぜた合金で、ゴールドの比率が75%であるため18Kの仲間です。銀よりも銅の方が配合している割合が多いため、ピンク色のあたたかみのある色合いになります。ファッション性の高さから近年、女性に人気があり、かわいらしい雰囲気が魅力です。

強度が高く耐久性に優れる反面、加工しづらくサイズ調整が難しい場合もあります。さらに変色しやすいため、汗をかくときや温泉に入るときは外すなど、使い方に少し注意が必要です。

イエローゴールド

イエローゴールドは純金に近い金色で華やかさがあり、明るくゴージャスな雰囲気が魅力です。肌馴染みがよく、カジュアルなファッションにもよく合います。変色に強くプラチナと同等の硬度がありますが、純金度が高まるほど強度が弱まります。銅を含むため変色もしますが、元が金色なため、変色してもあまり目立ちません。

イエローゴールドは金75%に対して25%の銀や銅が混ざった合金です。金の割合が75%なので18Kの仲間といえます。銅よりも銀の方が配合される割合が高いため、黄色味が強く表れています。同じような色合いの18Kとの違いは、銀や銅が混ざっているイエローゴールドに対して、18Kにはさまざまな貴金属が混ざっている点です。イエローゴールドも18Kもどちらも結婚指輪に向いている素材です。並べてみて色合いの違いを見比べるのも楽しいでしょう。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは金75%に対して、25%の銀やパラジウム系の金属を混ぜた合金で、18Kの仲間です。光沢があり、プラチナの代用品として開発されました。プラチナに比べて明度は落ちますが、硬度が高く安価です。黄金色のゴールドにパラジウムなどのメッキを施しているため、輝くような白さが魅力の素材です。変質や変色に強いのですが、メッキが剥がれることもあるのがデメリットです。家事のたびに指輪を外したりするなど注意しないと、指輪に傷が付いたりメッキが剥がれたりします。メッキが剥がれた場合は、再メッキするなど定期的なメンテナンスが必要な素材です。

シルバー

シルバーは元々柔らかい素材なので、銅などを少量混ぜて硬度を上げています。上品な光沢があるシルバーですが、低価格で贈り物に向かないことから、結婚指輪の素材に使用することはあまりありません。温泉や汗に含まれる硫黄や、プールや漂白剤に含まれる塩素と反応すると黒ずむため、取り扱いには注意が必要です。シルバーのジュエリーは、ときどき磨くなどのメンテナンスをしましょう。

パラジウム

パラジウムは、プラチナやシルバーに似た白い輝きを放つのが特徴です。硬度があり変色もなく軽量でプラチナよりも安価な素材ですが、加工が難しいのがデメリットです。

汗などの体液と触れるとパラジウムが溶け出してしまい、かゆみやかぶれの原因になるケースがあります。金属アレルギーのある方以外にも敏感肌の方やアレルギー体質の方は注意が必要です。

チタン

最近、結婚指輪に使用するカップルが増えているのが、硬度が高く非常に軽量なチタンです。変色やさびに強く、傷が付きにくいのも魅力です。表面の酸化被膜によってカラーを付けることも可能で、グラデーションやストライプ柄などファッション性が高いリングを作ることができます。

純チタンとメッキチタンがあり、純チタンは金属アレルギーを起こしにくい素材ともいわれています。丈夫さゆえにサイズ調整が難しいのがデメリットです。

2-2. デザイン

ストレートライン

まっすぐのラインで最もシンプルなデザイン。

V字ライン

V字にカーブしたデザイン、指を長く見せてくれる。

S字ライン

ウェーブデザインともいう。指のカーブにフィットするデザイン。

エタニティリング

小粒のダイヤなどをリングの周囲に埋め込んだデザインなので、日常生活に取り入れやすい。半分だけ石を埋め込んだハーフエタニティも。婚約指輪と結婚指輪の二つリングは不要、エタニティリングだけしたいという人も増えている。

セットリング

エンゲージリングとマリッジリングがセットになったもので重ね付けできる。ふたつをぴったりを合わせられるタイプや、夫婦の指輪を合わせると一つのモチーフが現れるものなど。

その他に、新婦のみ内側に小さな石(ダイヤやサファイア)を埋めるシークレットストーンや、表側に小粒のダイヤや誕生石を埋め込んだデザインも。ただしその場合は引っかかったり、石が取れてしまうのを気にしたり、日常生活の中で支障がないかどうか試着の時に確認してみましょう。

2-3. 結婚指輪(マリッジリング)選びのチェックポイント

二人で基本的なポイント(予算、イメージ)を相談した上でいくつかのお店で指のサイズを測ってもらい、実物を見せてもらって試着をしてみましょう。

  • 試着をして着け心地のよいもの。
  • 予算に合うか。
  • 素材は何か。
  • 飽きがこないシンプルなデザインか。
  • サイズ変更など店のアフターサービスはどうか。

3. 刻印の文例&注意点

刻印を入れられるリングかどうか、文字数の制限は何字か最初に確認しましょう。日本語か英語、フランス語やラテン語を選ぶ人も。短いメッセージか結婚記念日などの記念日、二人のイニシャルが定番です。

日本語のメッセージ

  1. 「ずっと一緒に」
  2. 「永遠に」
  3. 「大切なあなたへ」
  4. 「最愛のあなたへ」
  5. 「愛をこめて」
  6. 「ふたりで」

英語のメッセージ

  1. 「Forever in love」(いつまでも愛しています)
  2. 「Forever love」(永遠の愛)
  3. 「Love forever」(愛は永遠)
  4. 「With love」(愛を込めて)
  5. 「With you」(あなたと共に)
  6. 「All of my love」(私の愛)

イニシャルや記念日の組み合わせ

  1. 新郎のイニシャル to 新婦のイニシャル  例:K to A
  2. 新郎のイニシャル & 新婦のイニシャル 例:K & A
  3. 記念日 新郎のイニシャル to 新婦のイニシャル 例:2017.5.30 K to A
  4. 記念日 新郎のイニシャル & 新婦のイニシャル 例:2017.5.30 K & A
Text by:AISA

「結婚式」のお悩みチェック

1つでもチェックが入ったあなたには、Pridalがおすすめです。

  • Detail checkmark

    盛大な式は考えていない…

  • Detail checkmark

    家族に対するけじめはつけたい…

  • Detail checkmark

    写真撮影だけではもの足りない…

  • Detail checkmark

    格安のフォトウェディングは不安…

  • Detail checkmark

    忙しくて時間がない…

矢印

そんなあなたにPridal(プライダル)がおすすめの4つの理由

コンパクトな式にしたい、
とはいえ高級感は損ねたくない、そんなあなたは、

食事会のある、
ラグジュアリー・フォトウェディングを、
Pridalで。

Detail img01
1 高級ホテル・式場

Pridalの提携会場は、独自に厳選した日本最高クラスのホテル・会場ばかり。

Detail img02
2 食事会

フォトウェディングにお食事をプラスしたプランがPridalの基本。本当に必要なことだけにギュッとフォーカス。

Detail img03
3 コンパクト、なのに贅沢

「手間も費用もコンパクトにすむのはいいけれど、高級感や高品質感は損ねたくない」そんなあなたに、贅沢な最高のウェディングの一日をお約束します。

Detail img04
4 最短7日間

準備期間はなんと最短7日間。時間がなくてもご心配なく!経験豊富なスタッフが万全のサポートで臨みます。