結婚式は人生の古式ゆかしい儀式の一つではありますが、現在では結婚のスタイル自体多様化しており、結婚式も様々な形があります。写真だけの結婚式いわゆるフォトウェディングや前撮りも現代的なニーズに応えたもので、今では様々な工夫が加えられ、選択肢の幅が広がっています。

今回は、着物の似合う街、埼玉県の小江戸川越で、和装専門のフォトウェディングサービスを展開する「なな結び」の大島寛子さんにお話をうかがいました。

和装マッチ度120%の街川越の結婚式前撮りサービス

私事ですが、私は川越生まれの川越育ちで、現在も川越在住です。だからこそ、ここ数年川越の街の変化には驚いています。古くから歴史ある街並みで知られていた川越ですが、最近の活気は以前とはまったく違います。特に観光の中心である蔵造り通りは、平日であっても、行き交う人で、歩くのが大変なほど。いつの間にか和のティストのお土産屋さんやカフェ、お菓子屋さんが増え、私のように川越の住人でも知らない名物でいっぱいになっていました。

そして、そんな通りで目につくのは、老若男女問わず着物を着た人たち。たまに見かけるという程度ではなく、賑わう街中をざっと見回すと数人は目に入るのほど。川越は今や着物の街といっても過言ではないでのです。

川越が着物の街として注目されるようになったのは、元々“小江戸”と称して地元で守ってきた和の文化、街並みにあります。さらに、川越では毎月8日、18日、28日は「川越きものの日」。着物を着ている方は、市立の博物館や美術館や、飲食店お土産さんなどで、粗品進呈、割引など、さまざまなサービスが受けられるのです。

川越きものの日 小江戸川越観光協会

そんな川越の着物文化を支えているのが、蔵造り通りに軒を連ねる着物のレンタル屋さんですが、今回、取材させていただいた「なな結び」は、和装が似合うこの川越で着物レンタル屋さんも別に営む大島寛子さんが行っている「前撮りフォトウェディングサービス」です。今回は川越というロケーションならではの和装の前撮りの魅力についてお話いただきました。

街全体で結婚式をお祝い!川越の街でのローテーション撮影

「元々着物が大好きで、趣味で集めているうちに友達にも貸して着せるようになりました。みんなが着物を着ている姿を見るのも大好きで、自分でも思いがけず、気づいたら、レンタル着物屋になっていました」と着物レンタルをはじめたきっかけを話してくれた大島さん。お店をもつ前から、着物とマッチする川越の街並みも大好きだったそうです。

「なな結び」では、「蔵造り通り」をはじめとして、観光名所である「本丸御殿」、趣ある日本家屋と庭園の「旧山崎家別邸」、春はしだれ桜の美しい気品の寺院である「中院」などで許可を申請して撮影を行っています。

さらに、なんといっても一押しなのは、1年に1日限定で行われる「小江戸川越春の舟遊」でのロケーション撮影、「嫁入り舟」。こちらのイベントは川越の春祭りのメインの一つでもあります。桜吹雪が舞い散るなか、満開の桜のトンネルをゆく舟で撮影をします。季節、場所、その日だけ運行する舟と、全ての条件がそろって叶うものすから、一生の思い出になること間違いないです。人数に限りがありますので、ご希望の際はお早めに予約することをおすすめします。

記事
記事

嫁入り舟だけではなく、外での撮影は、季節ごとの自然の条件も欠かせない要素の1つ。春は桜、秋は紅葉など、自然の美しい季節を選ぶのも良いでしょう。

川越での撮影の利点はもう1つ。川越はとても撮影しやすい環境でもあるそうです。撮影会場があらかじめ決まっている場合は問題ないですが、場所によっては必ずしも撮影に対してウェルカムではないともあります。その点、川越は比較的、申請がすんなり通りやすいようです。「居合わせた観光客や地元の方も暖かくお祝いの声をかけてくれて、撮影に協力してくれることが多く、カメラマンさんにとっても撮りやすい環境のようです」とのこと。そこは手軽に遊びにこれる観光地である川越らしさなのかもしれません。

インスタ世代も納得の、ふたりならではの思い出の写真が実現

一昔前は結婚式の写真といえば、特に和装はきまりきったポージングでしか撮影せず、個性的とは言い難いものでした。いくら背景が変わってもその場合、代わり映えのしない印象の写真になってしまいます。これでは、自分でも様々な工夫をして、ユニークで個性的な写真を撮ってきているインスタ世代にはこれでは物足りないですね。

「なな結び」さんで見せていただいたアルバムはポートレートのようにおしゃれでかわいらしい印象。きちんとしたポージングもありましたが、和装でも桜をバックにおでことおでおこをくっつけていたり、新郎が新婦のほっぺにキスしていたりと、見ているほうもふたりの仲睦まじさにほっこりするような写真がすてきでした。

もちろん、プロからのアイデア提供も可能ですが、おふたりのご希望でふたりらしい個性的な写真の撮影の可能。せっかくの自由度の高いプロによるロケーション撮影ですから、存分に個性を発揮するのがおすすめです。

記事

親御さん、お子さん、ペットとの撮影もOK!気軽に相談を!

「なな結び」さんでは、撮影対象は新郎新婦だけではなく、親御さん、お子さん、ペットもOK。撮影対象が増えても追加料金はありませんので、家族の方もご一緒に、結婚後のお子さんを入れての記念撮影もおすすめです。

最も苦労するのは日程調整とのこと。カメラマンさんとふたりの日程調整が一番の悩みどころだそうです。「忙しかったり、費用の面で心配だったりで、記念の写真まであきらめてしまうのはもったいないです。そういう方のお手伝いをできればと思っています」と語る大島さん。実際に結婚式前は忙しいことが多いですし、ましてやご家族、お子さん一緒の撮影は日程調整が難しいかと思われますが、気軽に相談してくださいとのことでした。

着付師として、気持ち良く、着物を着てもらいたい

花嫁衣裳の着付けではありませんが、私も川越の街歩き用の着物の着付けを私も大島さんにお願いしたことがあります。子供の七五三のお参りだったため、長時間着物を着て、方々歩き回ったのですが、疲れを感じず、ずっと楽ちんでいられたことに驚きました。大島さんは花嫁衣裳でも気持ち良く着てもらえるよう工夫しているとのこと。着る側の立場にたった丁寧な心遣いが嬉しいですよね。

記事
今回お話を伺った「なな結び」大島さん

良い表情の写真を撮るためには、着物を気持ちよく着られていることも確かに大切。そうでないと、自然に笑顔になれません。実績のある着付師の腕が撮影の成功に大きく貢献しているのだなと思いました。

着物と新和性の高い川越での前撮りサービス。お話をうかがって、ロケーションを選んでの前撮りサービスならではの良さを改めて認識しました。

お問い合わせ

なな結び
~小江戸・川越で人を結ぶ、ご縁を結ぶ~前撮りフォトウェディング専門サービス
ホームページ https://info0197209.wixsite.com/nana-musubi (外部リンク)
所在地 埼玉県川越市幸町2-13
電話 080-5890-0539
メール nanamusubi2017@gmail.com
れんたるきものや寛kan
今回取材した大島さんが営む、川越のレンタル着物店
ホームページ https://kimonoyakankan1.jimdo.com/ (外部リンク)