披露宴の終盤に行われる両親への記念品贈呈。贈られるものとして一番多いのは花束ですが、その他のアイテムを選ぶカップルも増えています。大切に育ててくれた両親への感謝を込めて、こんなギフトはいかがでしょうか。

生まれた日を思い起こさせる、ウェイトドール

花束に次いで人気のアイテムがウェイトドールです。新郎新婦それぞれが生まれたときの体重と同じ重さのテディベアやぬいぐるみを自身の親へと贈ります。誕生したその日の思いと時の流れを思い出すと同時に、新郎新婦にとっては「こんなに小さなころから育ててくれたんだな」と感謝の思いがあふれるギフトとなりそうです。

またちょっぴり変わり種としては、誕生時の体重と同じ重さのお米を贈る誕生米(ウェイトライス)というものも。幼いころの写真や家族写真などを用いたオリジナルのラベルを作成することも可能です。

大切な思い出が詰まったフォトフレーム

前撮りの写真や家族写真などをレイアウトしたフォトフレームもおすすめです。プリザーブドフラワーをあしらったフレームや、アクリルフレームに日付や名前、メッセージを入れられるものなど種類は豊富です。インテリアや両親の好みに合わせたフレームを選べるのもポイントです。

あえて写真の余白を空けておくことで、思い出が増えた際や新しい家族を迎えたときなどに足していくことができます。

世界でたった一つの手作りグッズ

オリジナルのギフトを贈りたいのならば手作りがぴったりです。これまで刻んできた時間と、これから刻む時間を表す「時計」は実用性も抜群。新郎新婦と両家の3つの家族のための3つの時計を一枚の板から作る、三連時計は特に人気があります。

「二人のような夫婦を目指す」という気持ちを込めた「夫婦茶碗」「箸」「カップ」といった食器も喜ばれます。

現在では披露宴の記念品贈呈用のギフトを手作りできる教室も多く開催されているため、きっと気に入るギフトが見つかるはずです。

その他ギフトいろいろ

お酒が好きな両親ならば、「日本酒」「ワイン」などお酒のギフトもおすすめ。箱にメッセージを入れたり、ラベルとオリジナルにしたりと工夫しましょう。ワイン好きならば新郎新婦が生まれた年のワインを選ぶのもおしゃれです。

「これからは二人の時間を楽しんでね」という気持ちを込めた「旅行券」「温泉ギフト」も喜ばれそうです。かさばらないため、花束に沿えてさらに何か贈りたいという場合にもいいですね。