結婚式場を見学し、プランナーから見積もりを作成してもらったら、予想外の金額が提示されて驚いた経験はありませんか?さらに、実際の結婚式ではその見積もりの金額で収まることはなく、食事や引き出物などのオプションをつけていくと数十万以上加算された費用が発生します。二人としては、招待状やリングピローを自前にするなどしてなんとかして費用の節約をすることを考えるわけですが、当然ながら式場のスタッフはあまり積極的には節約術を教えてくれません。今回はそんな二人のために、先輩カップルたちが「ここを削ればよかったな」と後悔しがちな2つのとっておき節約ポイントをご紹介します。

ブーケを持ち込む

結婚式場には、提携している花屋があります。きれいな写真付きで、花嫁が持つブーケを紹介してくれますが、どれも2~3万以上はするものばかりです。結婚式は一生に一度のことだし、数百万かかるブーケに2,3万くらいならそれほど気にならないと思うかもしれませんが、自分で用意すればもっと安く収められます。

通販サイトを見てみると、1万円以内の商品もが多く、高くても2~3万円程度です。節約できる金額はわずかですが、式場で紹介される限られた数のブーケよりは自分好みのブーケを探して、しかも安く購入できるなら、ぜひ自前でブーケを用意してみてはいかがでしょうか?なお、式場によっては、持込料が発生する場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

持込料を払って衣装を準備する

招待状やリングピローなど、自分たちでできることは手作り・手作業をするのは知られています。でもウエディングドレスを持ち込むというケースはあまり聞きません。というのも、ドレスを持ち込む場合は多くの式場において持込料が発生するためです。

しかし、こちらも通販サイトを見れば、1万円台からウエディングドレスが販売されていますし、5万以上払えばそれなりに立派なドレスがたくさん揃っています。購入前に試着したい場合は、インターネットで貸衣装店や販売店を探して、安いお店を見つけて試着しに行ってみましょう。なんと、こうしたお店の中には持込料を一定の金額まで負担してくれるところもあります。

結婚式場と提携している貸衣装店はどこも数十万円する高額なドレスばかりです。持込料を払って自分で衣装を用意した方が数万単位で節約になることもあるので、衣装の持ち込みも検討してみてくださいね。