日本人女性の慎ましい美しさ、嫁ぐ日の凛とした決意を表現するなら和装ですね。ドレスの華やかさも捨てがたいですが、「一度は着てみたい!」という方も多いでしょう。しかし、着物自体着なれていない方が多いので、ドレス以上に和装でのヘアスタイルは迷う方が多いのではないでしょうか。今回は、直接花嫁のヘアスタイルを手掛けるホテル椿山荘東京 美容室のスタイリストさんに貴重なアドバイスをいただきました。

どちらもバリエーション豊富!角隠し、綿帽子

古風でしとやかな花嫁を目指すならやはり文金高島田に角隠し、または綿帽子ですね。どちらも本来神前式での挙式のみに着用するもので披露宴には着用しません。しかし、今ではたとえば、ウェディングドレスで挙式、披露宴で綿帽子や角隠しを着用するという方もいるようです。

綿帽子は白無垢のときのみ着用し、色打掛では着用しません。やや深めに被りますから、ウェディングドレスのベールを思わせ、慎み深い印象になります。実際にベールも綿帽子にも「挙式が終わるまで花婿にしか顔を見せない」という慎みの心を表現しているようです。最近では、洋髪に綿帽子というスタイルも人気があります。

記事

綿帽子

一方、角隠しは白無垢にはよく映えますし、色打掛でもOKです。さらに、大振袖、引き振袖と、文金高島田はどのスタイルでも着用できます。ただ綿帽子とは異なり、今流行の洋髪には使えません。額が隠れるので、かつらの生え際は隠れ、華やかな簪が見えるのが特徴です。綿帽子と比べて、きりっとした佇まいになります。

記事

角隠し

綿帽子も角隠しも、白一色のイメージがありますが、実は落ち着いたオフホワイトであったり、遠目からでは見えないけど鶴や花などの刺繍がほどこされていたり、裏地が赤であったりとさまざまです。自分のこだわりを反映しやすいポイントといえるかもしれません。

和装の花嫁の髪型といえば、文金高島田です。これは、伝統的な独身女性のための日本髪で、根の部分を上げることによって空洞ができるほど髷を高くして結い上げる髪型です。気品があり、優美な印象があります。一般的には挙式での文金高島田は、かつらを使うようです。かつらは似合わないのでは?と不安な方もいるようですが、私の経験では、あとで写真をみると意外に違和感がないように思います。なにしろ日本人女性のための髪型なのですしね。

ホテル椿山荘東京では、地毛での結上の希望も多く、技術のあるスタイリストさんも揃っているそうです。また生え際の髪は地毛を使い、後はかつらという、「半かつら」のスタイルもおすすめだそうです。和髪はかつら限定というわけではないのでスタイリストさんに相談してみてはいかがでしょうか?

記事

文金高島田

何故、和装には華やかで大ぶりなヘアアレンジなのか?

和装では、めったに体験できない文金高島田のかつらが被れるというのも醍醐味といえますが、現在人気なのは洋髪のようです。大振りの花の髪飾りのスタイルなどがよく見られますね。なんと和装の花嫁の8割ほどの方が今では洋髪を選ぶそうです。今回話を伺ったホテル椿山荘東京では、挙式での和装にはかつら、披露宴では洋髪を選ぶ方が多いそうです。広大な日本庭園のある会場ならではの傾向かもしれません。

ホテル椿山荘東京では、文金高島田のかつらはその方の頭の形や髪色の希望に合わせて用意してくれるとのことですが、筆者自身の結婚式でお世話になった美容院ではかつらはオーダーではありませんでした。だからこそ、自分の顔にはたしてあうのか、顔が大きく見えすぎないかという不安は確かにありました。

和装にあわせるものは全体的に大ぶりで存在感があるスタイルが多いのが気になる方もいらっしゃるかもしれません。

実はそれは和装とのバランスをとるためで、本来和装には文金高島田ですから、だからこそ、こじんまりとしてはダメ。やはりここはドレスでもできない、思い切った華やかなヘアアレンジを楽しむべきでしょう。

大きなダリアのようなお花をぽんとつけるのもいいですが、さまざまなサイズのお花や、色とりどりのお花を組み合わせるアレンジなど、オーダーに応じてもらえるそうです。その他、洋風の花かんざしを組み合わせるスタイルもあり、皆さん、自分だけの個性的なスタイルを楽しまれているようです

記事

綿帽子と洋髪を組み合わせる際のポイントとは?

挙式の際には洋髪に綿帽子を着用する方が多いようです。ところが、綿帽子は洋髪用でも大きく感じられると思います。文金高島田の場合はかつらがちらっと見えますが洋髪のボリュームだとさみしい感じがしてしまうことがあるようです。

そこでおすすめなのは、綿帽子からお花がちらっと見えるようにするアレンジ。その可愛らしさはもちろんのこと、綿帽子の大きさと顔のバランスもよくなりますのでおすすめだそうです。

記事

文金高島田の気品も、洋髪の個性的な華やかさも捨てがたい!

現在は現代的な洋髪全盛のようですが、だからこそ今文金高島田は個性的に感じられるかもしれません。もちろん、洋髪で自分だけのスタイルを作るのも素敵ですね。たとえば、どちらかを前撮り写真にするなど、可能なら欲張ってどちらも取り入れていただけたらいいなと思いました。

写真提供・取材協力
ホテル椿山荘東京 美容室
四季折々の豊かな表情を見せる、由緒ある大庭園。伝統と格式でお二人の晴れの舞台を耀く一生涯の思い出へと刻みます。写真撮影には絶好の緑豊かな美しいロケーション。館内インテリアも、見事に調和した重厚感と繊細なディテールで、お二人の喜びを包みこみます。写真撮影とお食事をセットにしたPridal特別プランはこちら。( http://pridal.jp/hotels/chinzanso/(外部リンク)