まずは、どんな結婚式・披露宴にしたいか二人で自由に希望を出しあいイメージを膨らませましょう。二人が一番大切にしたいこと、招待客にどんなふうに過ごしてもらいたいか、こだわりたいポイント、などについて二人で話し合ってみましょう。これまで招かれた友人・知人の結婚式を思い出し、参考にしてみるのもよいでしょう。現実的にできるかは別にしてまずはイメージを拡げてみるのがコツです。

ウェディング、イメージ固めの4つの質問

Q1.結婚式をする理由は?

  • 親に感謝を伝えたい
  • けじめをつけたい
  • 二人の特別な日にしたい   ・・・など

Q2.叶えたいイメージは?

  • 和風
  • 個性的
  • シンプル
  • アットホーム   ・・・など

Q3.招待客にどう過ごしてほしい?

  • 美味しいお料理を食べて欲しい
  • ゆっくりくつろいでほしい
  • ロケーションや会場を楽しんでほしい   ・・・など

Q4.招待客に何と言われたい?

  • 感動した
  • センスがよかった
  • お料理がおいしかった   ・・・など

親の希望

ここで親の希望も確認しておくとよいでしょう。

具体的な検討要素

イメージが固まってきたら、それを現実的な要素に落とし込んでいきます。(1)予算、(2)招待客、(3)日取り、(4)会場、の4つの要素で考えていきましょう。

(1)予算

自分たちの大まかな資金を確認し、どこにお金をかけるべきか優先順位を考えておきましょう。

  • お料理はケチらない
  • 手作りできるものは手作りにする
  • プロに任せるところは任せる
  • なるべくたくさんの人を呼びたい   ・・・など

譲れないもの、そこまでこだわらないものを分け、予算と照らし合わせて考えていきます。

(2)招待客

おおよその顔ぶれと人数をイメージ。親にも確かめておいたほうがよいポイントです。招待客の人数は予算と大きく関わります。

  • 大人数/少人数
  • 親族中心/友人中心
  • 会社関係は呼ぶ/呼ばない

といったポイントで考えていきましょう。

(3)日取り

家族や呼びたい招待客の都合を考えて、時期を選びます。準備にとることのできる期間、予算とのかねあいも考えます。

(4)会場

会場の情報収集をし、検討します。何式の挙式にするか、どのような披露宴スタイルをとりたいか、で候補となる会場が決まることもあるでしょう。憧れの会場や気に入ったロケーションから、挙式・披露宴スタイルを決めるのでももちろんよいでしょう。さらに、予算、招待客人数、日取りとのかねあいもあわせて検討していきます。