結婚が決まったカップルの新定番となりそうな「エンゲージメントフォト」をご存じですか?これまでは結婚に関する写真撮影といえば前撮りや結婚式中の写真撮影が関心事でしたが、最近では形式ばった写真ではなく、もっとナチュラルな写真を残したい、というカップルが増え、そんなカップルたちの間で、婚約記念として写真を撮る「エンゲージメントフォト」が人気になっているんです。

エンゲージメントフォトと前撮りの違い

結婚する前の写真撮影には前撮りがありますが、前撮りの場合はウェディングドレスとタキシードや和装といった衣装を着るのが一般的です。スタジオ撮影の他、チャペルや日本庭園などロケーション撮影も可能で、モデルになったような気分で本格的な写真をプロに撮ってもらうことができます。

それに対し、エンゲージメントフォトの場合には、私服で普段通りの二人の姿を残すのが人気のようです。定番のデートコースや思い出の場所、自宅の近所など背伸びをしない等身大の姿を撮影します。撮影をするのは家族や親しい友人でもOK。仲睦まじい二人の様子をそっと切り取るのがエンゲージメントフォトです。ただ、自然でありながらもクオリティが高く、雑誌のようなかっこいい写真、オシャレな写真を残したいなら、やはりプロに頼むのが間違いありません。「写真を撮られるのはちょっと苦手」「ナチュラルな雰囲気がいい」など不安や要望がある場合でも、しっかりと二人の良さを引き出した写真を撮ってくれるはずです。

こんなエンゲージメントフォトはいかが?

せっかく撮影するならちょっとこだわって撮りたいエンゲージメントフォト。でもどんなものを撮ればいいの?という方のために、いくつかアイデアをご紹介します。

手をつないで仲良く散歩

写真でポーズをつけるのが苦手なカップルはまず初級者編の「手をつないでデートしている風景」を撮ってみましょう。近所をぶらぶらと散歩しているいつもどおりの風景も、写真に収めれば「周りから見たらこんなかんじなんだな」となんだか新鮮に見えてきます。また、正面から撮影するのもいいですが、二人が歩いている後ろ姿も微笑ましくて素敵な写真になります。

記事

プロポーズをコミカルに再現

男性がひざまずいて女性に指輪を差し出している、花束を渡している、などプロポーズの様子を再現した一コマ漫画のような写真もおすすめです。ロマンチックな雰囲気もよし、二人とも思いっきりカメラ目線になるもよし、大げさに演技するもよし。二人らしい表情とポーズで演出してみましょう。

記事

おそろいの服でツーショット

普段はなかなか着られないペアルックも、エンゲージメントフォトなら仲良しな雰囲気がさらに伝わりそうです。色違いのシャツ、二人ともボーダーシャツとデニム、同じ帽子などおそろいの服や小物を身に着けて並んで撮影してみましょう。それだけでほっこりとした空気感が生まれます。

記事

足元や手でおしゃれに

横に並んだ二人の靴やハート形を作った手も立派なエンゲージメントフォトに。せっかくなら小道具も入れてフォトプロップスのように楽しい写真にしましょう。メッセージを書いた紙を持つ、赤い糸をそれぞれの指に結ぶ、二人の足の間にかわいいぬいぐるみのカップルを置く、など。アイデアとセンスの見せどころです。

記事

エンゲージメントフォトの使い道

撮影したエンゲージメントフォトは部屋に飾る以外にも、結婚式の招待状やウェルカムボード、プロフィールビデオなどに使用しましょう。前撮りのかっこいい写真も素敵ですが、二人の仲の良さが伝わる写真はゲストも幸せになること間違いなし。また、数年ごとにエンゲージメントフォトと同じシチュエーションで写真を撮るのもおすすめ。一緒に年齢を重ね、家族が増えていく様子を写真で追っていくと素敵なアルバムになりそうです。

記事