代表的なスタイルには、「キリスト教式」「神前式」「人前式」「仏前式」があります。キリスト教式が一番人気がありますが、最近では神前式や人前式も増えており、とくに和装での挙式の人気が高まっています。いずれにしても、昨今の結婚式は、場所や形式、人数について選択肢が拡がっています。二人のイメージにぴったりなスタイルを考えていきましょう。

両家の親の希望をおさえておくのも後のトラブルを防ぐポイントです。また信仰する宗教があるかどうか、両家で確認をしましょう。宗教・宗派の問題や、招待客によって適す・適さないスタイルもあります。信仰する宗教が違う場合、宗教にとらわれず行える人前式を選ぶというケースもよくあります。「招待客の前でどんな風に結婚の誓いを立てたいか」をイメージしてみれば二人らしい挙式のスタイルが見えてくるはずです。

主な挙式スタイル

キリスト教式 [予算10万~30万円]

牧師や神父を通じてイエス・キリストの祝福を受ける(結婚式の許しを得る)儀式。白いドレス、ステンドグラスの下で長いバージンロードを厳かに歩く。。そんな、憧れのウェディングのイメージで一番人気。カトリック派やプロテスタント派など、宗派の違いも知っておきましょう。会場にも寄りますが多くは、披露宴にも呼ぶ予定の招待客全員が参加できるのもポイントです。

[予算] 10万~30万円 [会場] 教会、ホテルのチャペル(礼拝堂)、専門式場のチャペル(礼拝堂)

キリスト教式のメリット・デメリット

[メリット]
  • 大勢の招待客を招くことができる
  • 需要が高いので会場やプランのバリエーションが豊富
[デメリット]
  • 事前に説教を受ける必要がある
  • 教会の場合、控え室の無いことが多い

神前式

神道の教えに基づいた婚礼の儀。明治33(1900)年の大正天皇のご成婚時のスタイルが基になって一般化した形式。白無垢姿で、伝統ある神社で行うのが人気です。日本らしい情緒が漂い、美しい和装はどの年齢層にも似合うことから大人の結婚式としておすすめ。参列は親族のみに限られる場合があるので確認しておきましょう。

[予算] 5万~15万円 [会場] 神社、ホテル、専門式場

神前式のメリット・デメリット

[メリット] 
  • 出席者が少人数のため予算を抑えることが出来る
[デメリット]
  • 出席者が親族に限られることが多い

人前式

宗教にしばられず、参列者に誓いを立てて、証人になってもらうスタイル。挙式内容や場所も自由なので、二人らしい演出ができることも人気の理由です。両家の宗教、宗派が違う際の解決策にもなります。

[予算] 3万円~ [会場] ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストラン、など

人前式のメリット・デメリット

[メリット]
  • 宗教にとらわれずに行える
  • 自由な演出が可能
[デメリット]
  • 年配の方にはまだなじみがない

演出

[セレモニーとして押さえておきたいプログラム]
  • 二人で誓いの言葉の朗読
  • 結婚誓約書への署名、立会人が居る場合は続いて立会人の署名
  • 指輪の交換
[そのほかの演出]
  • リングリレー・・・指輪をリボンに通し、参列者から新郎新婦へリレー
  • バルーンリリース・・・全員でいっせいにバルーンを空へ飛ばします
  • キャンドルリレー・・・招待客全員のキャンドルに火をともしつないでいきます

仏前式

仏前式は、仏と先祖の前で前世からの縁に感謝しつつ結婚の報告をするという考えのもと、行われます。どちらか一方が信徒であることが前提で、菩提寺やゆかりの寺院で挙げるのが一般的。

[予算] 10万~20万円 [会場] 寺、自宅

挙式スタイルの多様化

ここ数年で和婚の注目度がアップしています。着物への憧れや、晩婚化、伝統を大切にする傾向もあって、神前式の人気が高まっています。

キリスト教式は不動の人気ですが、スタイルは多様化しており、海外やリゾートウェディングという展開も。

招待客への配慮も大切

遠方からの招待客が多い場合は、新幹線や空港から好アクセスの会場を選ぶとよいでしょう。実際に歩いて道順や坂の有無、周辺環境、会場の送迎バスの有無などを確認しておくと、よりきめ細かやかな心配りが可能になります。