結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚0円!?お金をかけずに結婚する-ポイントは結婚式以外の出費項目を把握すること

2017-12-14

Share on Facebook
LINEで送る

記事

結婚=お金がないとできない、お金がかかる、というイメージがあり、お金がないから貯金が○○円になるまで結婚できない、という人もいます。しかし、お金がかかるのはゲストをたくさん招待して結婚式や披露宴を行う場合のことで(平均300万円と言われる)、結婚する=婚姻届を出すだけなら役所に婚姻届を出すだけなのでお金はかかりません。結納は今や半数以上の人がしていません。一緒に住むための新居の費用や引越し代は必要になるかもしれませんが、二人が要らなければ婚約指輪や結婚指輪はなければならないものではなく、新婚旅行も行かなければいけないものではありません。とはいえ、大人としての人付き合いやけじめの見せ方を考慮すると何かとものいりになるのも事実。今回は、結婚式をしなくても何にいくらのお金がかかるのか?という視点で、お金をかけずに結婚するポイントをご紹介します。

 

1.婚姻届を出す 0円

婚姻届けを出せば二人は法律上「夫婦」になり結婚したことになります。婚姻届はどこの役所でも無料でもらうことができ、提出する際にも手数料などは必要ありません。ただし、本籍地と異なる自治体に婚姻届を提出する場合には戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)が必要になりますが、その戸籍謄本を本籍地から取り寄せるために手数料が1通450円かかります。

2.両家顔合わせ or フォトウェディング  1万円~50万円

結婚式はしなくても、結婚相手を両家の親族に紹介して互いに親睦を深めてもらう両家の食事会を行うという人は多くいます。本人たちと両親と兄弟姉妹だけなのか、おじやおば、いとこも招待するのかによって人数は変わってきますが、一人あたり5,000円~1万5,000円くらいを目安に考えてみると、食事代や会場費、サービス料など10万円~15万円程度かかります。

婚礼衣装を着て写真は撮っておきたいという場合は「フォトウェディング」を。「フォトウェディング」とは結婚式を行わずに結婚写真を撮ることで、多くの場合、衣装、メイク、写真がセットになっています。場所や衣装、撮影日やスタジオ、オプションを追加するかどうかによって変わりますが、衣裳を着て写真を数枚撮るだけなら1万円というスタジオもあります。相場は、衣裳(洋装・和装両方)、着付け、アクセサリー・小物一式、ヘアメイク、撮影料、写真1ポーズ1枚、写真データ1カットで約6万円~10万円程度です。記念写真撮影と少人数の会食がセットになったプランもあり、撮影の内容や招待客数にもよりますが費用の目安は20万円~50万円程度です。

食事会もフォトウェディングも、いっぺんにできる、食事会付きフォトウェディングのプランも人気です。準備の手間や費用を最小限におさえながらも、格式の高い会場できちんとしたけじめの機会を持つことが出来ます。

「顔合わせだけをすればいい」「ウェディングドレスを着たい」「お金を援助するから親族をたくさん呼びたい」など、二人の希望に加えて親の要望もある部分なので、しっかりと相談して決めていきましょう。

3.新居

結婚前から同棲しているなら別ですが、結婚を機に一緒に住むことになれば、まず引っ越しの費用がかかります。二人とも引っ越す場合は10万円程度。片方がもう片方の家へ引っ越すというかたちなら5万円程度でしょう。ただし家具や荷物の量によっては引っ越し業者に依頼しなくても済む人もいるかもしれません。

家具や家電などは最初にすべて揃えなければならないというわけではないので、それまで使っていたものをそのまま使いながら少しずつ買いそろえていってもいいでしょう。

また、新しく物件を借りる場合、敷金礼金や賃貸料など新居の契約にかかる初期費用は、家賃の2~6か月分必要といわれています。新婚夫婦の住まいの1か月の賃料を10万円とすると、20万円~60万円程度必要ということになります。

4.内祝い&結婚通知状

結婚すると親族や友人、仕事関係の人などからご祝儀や結婚のお祝いをいただきますが、そのお返しを「結婚内祝い」といいます。結婚式をしない場合のご祝儀は一般的に1万円で、結婚内祝いはいただいた金額またはいただいた品物の3割~半額程度が目安なので、3,000円~5,000円程度のお返しをするということになります。仮に30人から各1万円相当のご祝儀をいただき、4,000円の内祝いをすると、内祝いには12万円かかるということになります。大人の付き合いをきちんと続けようとするなら内祝いは不可欠です。

結婚通知状は結婚したことを知らせるハガキのことで、結婚の報告や新居の住所や連絡先、新姓を含めた二人の名前などを知らせます。仮に100通のハガキを出すとすると、切手代62円×100通で6,200円とハガキの印刷代がかかります。秋~冬に結婚した人は年賀状を兼ねて結婚報告をすれば、別途「結婚通知状」としての費用はかかりません。また親しい友人で形式を気にしない相手であれば、メールで知らせると切手代やハガキ印刷代が不要になります。

5.婚約指輪&結婚指輪

婚約指輪は主に女性がするもので、結婚にかかるお金の中では高額な部分ですが、女性によっては、婚約指輪は要らない、ジュエリーではなく新婚旅行や家電にお金をまわしたい、という人もいます。ただ一生に一度の記念の品なので、女性の意向をしっかりと聞いて決めるようにしましょう。

結婚指輪は毎日身に着けるもので婚約指輪よりリーズナブルなものがほとんどです。耐久性があり最も人気のあるプラチナリングの相場はペアで20万円~30万円ですが、ペアで10万円以内の商品も少なくありません。結婚式をする場合には指輪の交換の際に必要になりますが、結婚式をしないのであれば必ずしも結婚と同時に購入しなければいけないものではありません。二人が納得していれば、結婚後収入があったときに時間をかけて選ぶという形でも○。

6.新婚旅行

新婚旅行は行かなければならないものではなく、自分たちが新婚旅行だと思えば、近場の温泉1泊で5万円でも海外旅行100万円でも新婚旅行になります。ただ、結婚する際には「結婚特別休暇」などふだんより長めに仕事を休めることが多いので、結婚の記念にふだんはなかなか行かれない旅行に出かけるという夫婦が多くなっています。

7.予算のポイント・考え方

結婚というと結婚式や新婚旅行、指輪など「こうするもの」という常識やイメージがありますが、結婚のスタイルやお金のかけ方はそれぞれ。念のため両家の親の意向は聞いておいた方がいい部分はありますが、ほとんどのことが「やらなければいけない」というものはなく、結婚する二人が必要かどうか、したいかどうかによって「しない、要らない」「時期をずらす」「別のカタチにする」といった選択もあります。

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…

ライター:aisa

aisa画像文学、ノンフィクション、専門書や絵本まで何でもありの活字中毒主婦。自分の結婚式は神前式(白無垢+綿帽子)の挙式と身内のみの披露パーティー。自分のことは、もう大分遠い日のことにようにも感じますが、様々な切り口で「結婚」という人類の大きなテーマに迫ってみたいと思います。

Share on Facebook
LINEで送る

NEWS > 挙式準備 > 結婚式の予算 > 結婚0円!?お金をかけずに結婚する-ポイントは結婚式以外の出費項目を把握すること

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから