結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

アガらず、美しく、感謝の気持ちを伝える!花嫁の手紙を上手に読むコツ

2018-05-29

Share on Facebook
LINEで送る

記事

「花嫁の手紙」は、普段なかなか恥ずかしくて言えない、今までの感謝の気持ちを伝えられる絶好の機会。思いを伝えるには、内容だけではなく、読み方も重要なポイントのひとつです。しかし、スポットライトが当たり、ゲストに注目される中で読むため、緊張しないか、上手に読めるか、心配な方も多いでしょう。「間違えないように、噛まないように」と気をとられすぎて固くなってしまったり、感極まって上手に読めなくなったりする可能性もあります。今回は、感謝の気持ちをより伝えられる、読み方の秘訣をご紹介します。

1. ゆっくり読む

花嫁の手紙を読むときは、大勢のゲストに注目され、スポットライトが当たります。緊張して、ついつい早口になりがちです。早口になると、内容が聞き取りづらくなり、気持ちも伝わりづらくなります。

手紙の内容がより伝わるように、意識しているよりもさらにゆっくり読みましょう。感謝の心を込めて、親に語り掛けるような気持ちで、読むといいですよ。

2. 姿勢に気をつける

手紙を読むときの姿勢も大切なポイントのひとつです。詳しくチェックしましょう。

読む前に一礼

マイクの前に立ったら、まずは一礼をします。背筋を伸ばし、軽くお辞儀をしましょう。一礼することで、緊張する気持ちを落ち着かせる効果もあります。

読むときの姿勢に気をつけよう

手元を見ながら手紙を読むシーンは、猫背になりがちです。後から写真を見返したときに、姿勢の悪さを痛感することのないよう、読むときは背筋を伸ばして読みましょう。胸元のあたりまで手紙を持ち上げ、頭を上げて読むと美しく見えます。さらに、顔を上げて読む方が、両親の表情を確かめやすくなります。

両親の顔を見ながら

緊張すると、手紙の方ばかりを見てしまい、うつむきながら読みがちです。「間違えないように読む」ということに気をとらわれすぎずに、時々、両親の表情を確認しながら、読みましょう。両親の目を見ながら話した方が、気持ちが伝わりやすく、より良い“間”も生まれます。

3. 泣いてしまっても大丈夫

号泣してしまわないか不安な方も多いでしょう。たとえ本番で感極まって泣いてしまっても大丈夫。一呼吸置いて、落ちてついてゆっくり読むように心がけましょう。

号泣してしまい、涙や鼻水が出てしまう可能性もあります。涙が出てしまったときは、そっとハンカチで拭いてくれるように、あらかじめ新郎へフォローをお願いしておきましょう。「泣いてしまってお化粧が崩れたらどうしよう」という不安も解消でき、気持ちを込めて手紙を読むことに集中できるはずです。他にも、新郎に背中をさすって落ち着かせてもらう方法もおすすめです。寄り添う二人の姿を見て、ゲストもほほえましく思うことでしょう。

4. 読む練習をしよう

事前に手紙を読む練習をしましょう。何度か声に出して練習することで、当日も心に余裕が生まれ、心を込めて手紙を読めるはずです。そのためにも、本番前日に慌てて手紙を書くことのないよう、余裕を持って手紙を書きます。

手紙が書けたら、実際に読むとどれぐらいの時間がかかるか、測りましょう。3分程度が理想的です。短すぎるとあっけないし、長すぎるとゲストが退屈していまい、間延びして内容も伝わりづらくなります。練習でもゆっくり読んでみて、手紙の長さが短すぎたり、長すぎたりするようであれば、手紙のボリュームを調整するといいでしょう。

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…

ライター:Licca

Licca画像2人の男の子を育てるwebライター。いろいろなジャンルの情報収集が好きで、趣味はランニングと美味しいお店を見つけること。

Share on Facebook
LINEで送る

NEWS > 挙式準備 > 披露宴演出 > アガらず、美しく、感謝の気持ちを伝える!花嫁の手紙を上手に読むコツ

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから