結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

おもてなしとしての「インスタ映えする」結婚式

2018-05-15

Share on Facebook
LINEで送る

記事

写真提供:高輪 貴賓館

2017年のトレンドとして「インスタ映え」がありました。フォトジェニックな構図探しが日常生活の一部になっている人も多いのではないでしょうか。その中で、結婚式でも「インスタ映え」が注目されています。今回は、SNSでシェアされる素敵な結婚式づくりについてご紹介します。ゲストが一緒に楽しめるアイデアを取り入れてみましょう。

 

1. ゲストへのおもてなしとして「インスタ映え」を考慮する

写真共有サービスの「インスタグラム」が流行し、生活の様々なシーンから、特別なイベントまでスマホで写真を撮り、共有する人が増えています。その中で、より見栄え良く撮影できるようにする技も知られるように。さらに人気が出そうな場所で写真を撮りに行くといった行動にも影響がでてきています。

インスタで素敵な写真を共有することで、日常をもっと気分よく過ごせるように感じることが流行の大きな理由になっています。「インスタ映え」する写真をとることが楽しい、記録以上のつながりを感じられる行動になっているのでしょう。

この流れは結婚式でもトレンドになっています。新郎新婦が二人の晴れ姿の写真を撮ってもらいインスタ映えするのを喜ぶ声はもちろんですが、参加したゲストの間でもインスタ映えを楽しめる「仕掛け」が人気を呼んでいます。

これから結婚式をするカップルは「インスタ映え」の良さを考えたおもてなしを企画するのも、今どきゲストを楽しませる工夫になるでしょう。

2. インスタ映えする結婚式のポイント

人気のフォトブースやフォトアイテム

ウェディングで盛り上がるフォトブースは、SNS映えを意識するゲストにも人気。フォトブースは、ウェディングらしいハッピーな背景を前に、新郎新婦やゲストがポーズを取って撮影できるスポットです。お花やバルーン、リボンなどをあしらい、黒板などに二人の名前や「WEDDING」、「WELCOME」などといった文字をあしらったりした撮影用の背景を作ります。大がかりな枠などを用意することもありますが、カーテンなどを活用して手間なく簡単に用意することもできます。最近は会場で撮影コーナーを準備してくれているところもあります。計画時に相談してみましょう。当日は、会場スタッフや司会のアナウンスでゲストに撮影場所の案内をしてもらい活用してもらうとよいでしょう。

また、撮影用の小物にフォトプロップスを置いておくと、挙式と披露宴の合間の時間にゲスト同士で自由に写真を撮り合って楽しんでもらえます。披露宴会場の雰囲気や装飾に合わせたアイテムを用意しておくと、インスタ映えする写真が撮れます。手に取りやすいように、撮影コーナーやプロップスコーナーを作ってメッセージボードと一緒に置いておきましょう。

記事

インフルエンサーを意識しよう

ツイッターやインスタグラム、フェイスブックでたくさんのつながりがあり、投稿した記事を見る人が多い人をインフルエンサーと言います。ゲストの中にインフルエンサーがいれば、インスタ映えする写真をたくさんの人に見てもらえます。

見てくれた人がシェアしたくなるような、インスタ映えのする写真を撮り、結婚式をより盛り上げてくれるでしょう。

ハッシュタグをつけてもらう

色々な人に撮った写真をインスタグラムで公開してもらえるとさらに盛り上がります。インスタグラムで検索しやすいように、ハッシュタグを用意しておくのもポイントに。新郎新婦の名前などをもりこんでオリジナルのハッシュタグを作り、結婚式当日にカードなどでアナウンスしておくようにしましょう。

ハッシュタグがあればお互いに知らないゲスト同士でも、写真を共有してもらえますし、結婚式が終わった後でも、自分たちで振り返れます。ゲスト目線での自分たちの結婚式を知ることができるでしょう。プロのカメラマンの写真にはないアットホームで自然体の自分たちの姿も見られます。

また、あとから自分たちでインスタグラムに乗せる際には、イベントごとにハッシュタグをつけると公開しているとプレ花嫁さんから検索され参考にしてもらうこともあるようです。「#バージンロード」「#フラワーシャワー」などのハッシュタグを付けて検索しやすくしましょう。

3. SNS利用において気をつけるべきこと

SNSに写真をアップする際には基本的に自分の写真、と、許可を取った友人の写真に限るようにしましょう。特に、子どもの写真や有名人の写真などは注意が必要です。勝手にインターネットに公開することはプライバシーや肖像権の侵害になります。許可がとれない場合はソレが誰であるか顔などをわからないようにして載せる工夫が必要です。SNS対策にも、写真撮影が可能な場所としてフォトブースを作っておくと、他の人の映り込みが少なくなりよけいなトラブルが防げるかもしれません。

新郎新婦側も積極的に写真を公開したい場合はインスタグラムのハッシュタグをお知らせするようにしましょう。年配の方など、インターネット事情に詳しくない人にもわかるように、簡単に説明してあげると親切ですね。

また、挙式中など、撮影できない場所や時間帯もあります。SNSに公開するに限らず、スタッフからのアナウンスをあらかじめ打合せをしてお願いできるとよいでしょう。

4. SNSで新郎新婦もゲストもっと楽しい結婚式に

結婚式では、ゲストがSNSにシェアしたくなるような楽しいフォトブースやフォトアイテムを用意すると、待ち時間なども楽しく過ごせます。みんなが喜ぶ結婚式に、今流行りのインスタグラムを取り入れるのは一つのアイデアですね。

結婚式の写真をSNSで公開してもらえると、幸せなふたりの姿をたくさんの人に見てもらえます。それだけでなく、ゲストの撮ってくれた写真を、インスタグラムでまとめて見られるハッシュタグは便利です。

インスタ映えする結婚式はゲストにも自分たちにもメリットがあるといえるでしょう。新郎新婦もゲストも喜ぶ結婚式に「SNS」をうまく取り入れてみませんか。

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…

ライター:Stylo

maha画像30代既婚ライター。変わりゆく結婚スタイルを取り巻く情報を常にチェック。学生時代に留学していたフランスで触れた、個を大切にする生活スタイルに憧れます。趣味は映画鑑賞。

Share on Facebook
LINEで送る

NEWS > 挙式準備 > 披露宴演出 > おもてなしとしての「インスタ映えする」結婚式

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから