結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
HOT

住所や名前が変わったら手続きが必要!結婚とマイナンバーの手続き

Share on Facebook
LINEで送る

記事

2016年(平成28年)1月から運用されているマイナンバー制度。入籍時に必要なマイナンバーやマイナンバーカード(個人番号カード)の手続きについて知っていますか?手続きが必要な部分と、期限などまとめました。結婚準備中の人必見です。

 

1. 結婚するとマイナンバーはどうなる?

マイナンバー制度は、国民一人一人に12桁の番号(マイナンバー=個人番号)が振り分けられ、社会保障や税といった分野で活用される制度です。平成28年1月に始まり、日本に住民登録がある人全員がマイナンバーを付番されています。会社で働いている人は、仕事先にマイナンバーを通知しているケースがほとんどでしょう。

マイナンバーが付番されると「マイナンバー通知カード」が自動的に送られてきます。これとは別に、市区町村役所で写真付きの「マイナンバーカード(個人番号カード)」を申請し、公的な身分証明書として利用することもできます。マイナンバーカードを受け取る際に、通知カードは役所に返すことになります。

マイナンバーカード自体は、まだ普及率は高くありませんが、今後は子育て支援などに活用されていく計画があるようです。マイナンバーがより便利な制度として活用されていけばカードを持つ人も増えるでしょう。

一人一つのマイナンバーですが、結婚して名字が変わっても、番号はそのままです。入籍しても番号が変わることはありませし、婚姻届けを出す際にマインナンバーを記載する必要もありません。

結婚を機に扶養家族が増える場合は、家族全員のマイナンバーを会社に提出する必要があります。結婚相手が自分の扶養に入る場合、配偶者のナンバーを総務部などに教えるようにしましょう。

2. マイナンバー通知カードも手続きが必要!

マイナンバーそのものは結婚しても変わりませんが、婚姻届けを出して名字が変わった人は、マイナンバー通知カード、またはマイナンバーカードの氏名変更の手続きが必要です。また、結婚に伴って住所変更がある場合は、その手続きも必要になります。

必要なもの

  • ・マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード
  • ・本人確認書類
  • 1点でOKなもの(運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード又は特別永住者証明書など)
  • 2点必要なもの(健康保険証、国民年金手帳、児童扶養手当証書又は特別児童扶養手当証書など)

※詳細は各自治体ごとに確認してください。

マイナンバーカードをまだ作っていない場合も、マイナンバー通知カードの氏名や住所変更が必要になります。通知カードしかないから大丈夫ということではありません。

婚姻届けを出す際、すでにマイナンバーカードを申請途中の人は、再度手続きが必要になり再発行手数料がかかる場合もあります。個別の事象には、居住地の役所の市民課や戸籍課などマイナンバーの担当部門へ問い合わせ・相談してみましょう。

3. マイナンバー通知カードの氏名・住所変更を忘れずに

住民票のある役所で手続きを行うため、婚姻届提出と引っ越しのタイミングが一緒なら、転入先で合わせてマイナンバー通知カードまたはマイナンバーカードの変更手続きができます。住民票のある役所の業務時間内に婚姻届けを出すタイミングでの変更は、各種証明書類を持っているので一番手間がかからないでしょう。窓口で申し出て、マイナンバーカードや通知カードの変更を同時に行うことがおすすめです。

マイナンバーカードも、通知カードも変更には14日以内という期限があります。どちらも婚姻届けを出したら、14日以内に氏名変更し、引っ越しをしたら14日以内に住所変更をするということを忘れないようにしましょう。スケジュールによっては氏名変更と住所変更の2回役所へ行く必要があります。

平日の窓口へ何度も行くのが難しい場合は、委任状を使って、居住地の役所で代理人に手続きをしてもらうことも可能です。

マイナンバーカードの普及率は2017年5月時点で9パーセントと、日常生活で使用することはそう多くはないものですが、一人一つの大切な番号として制度の運用は始まり、今後も活用されていくようです。※変更の期限に遅れると、状況によっては罰則を受けることもあるため、入籍後はできるだけ早く変更しておきましょう。

※総務省データ http://www.soumu.go.jp/main_content/000490029.pdf (外部リンク)

マイナンバー制度全般に関する問合せ先

マイナンバー総合フリーダイヤル(地方公共団体情報システム機構 J-LIS) 0120-95-0178
・平日9時30分~20時00分
・土日祝9時30分~17時30分(年末年始12月29日~1月3日)
※紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付け。
URL:https://www.kojinbango-card.go.jp/otoiawase/index.html (外部リンク)

※本記事の情報は2017年9月現在のものです。最新情報については必ずお近くの市町村区役所などへお問い合わせください。

(文・Stylo)

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…
Share on Facebook
LINEで送る

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから