結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
HOT

釣書(身上書)の書き方・交換の仕方―恋愛結婚の場合―

Share on Facebook
LINEで送る

記事

「釣書」(つりがき・つりしょ)とは「身上書」ともいうもので、本来は縁談を申し込む際に世話をしてくれる人に預けるものですが、現在はお見合いや婚活以外にも結婚をする際に両家で交換するというケースが存在します。急に相手の親から釣書を出すように言われたり、自分の親から相手に出してもらいなさい、と言われたら困ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回は、釣書には何をどのように書けばいいのか、どのように交換すればいいのかについてご紹介します。

釣書(身上書)

釣書(身上書)とは、自分のプロフィールを書いて相手の親に渡すものです。多くの場合、家族書(親族書)という家族のプロフィールを書いたものも一緒にします。釣書(身上書)についての考え方は親や地域などによって違いがあり、恋愛結婚では必ずしも必要ではありませんが、「結婚とは両家が親せきになるのだからお互いのことを知っておきたい」「本人に面と向かって聞いたり、覚えていなくて後から何度も聞きづらいので一度書面で受け取っておきたい」という人や、「学歴や宗教などデリケートな内容を含むので、釣書(身上書)を交換することに抵抗がある」という人がいるなど、意見は様々です。

簡単なプロフィールをお互いに知らせるため、と考えれば親同士の理解や結婚の準備がスムーズに進む一助にはなるものです。もし相手の親が希望するのであれば、共通点が見つかるなど話題のきっかけにもなりますので準備するようにしましょう。釣書(身上書)の交換については、家庭や環境によっては「釣書(身上書)の内容次第で結婚を認めないことがあるのか」と不快に思ったりする人もいるので、あくまで「親戚になる上での情報交換」として、両家の意見を合わせて慎重に進めることが大切です。また、同じ形で準備することが望ましいのでどちらか一方が交換しましょうということなら、新郎新婦がしっかり間に入って、「いつ」「どのタイミングで」交換するのか相談しましょう。

釣書(身上書)の書き方

  • 縦書きで便せんに万年筆やボールペンで、手書きで書きます。正式には和紙に筆で書きます。
  • 略字など使わずに丁寧に書きます。
  • 三つ折りにして白無地の封筒に入れ釣書(身上書)と書きますが、結納の際の正式な交換ではなくプロフィール交換という程度であれば表書きは要りません。封筒ののり付けはしません。

釣書(身上書)に書く内容

  • 名前
     正確な漢字で読みづらい名前であればふりがなも書きます。
  • 生年月日
     西暦(和暦)○年○月○日、と書きます。
  • 住所 
  • 学歴、職歴、現在の勤務先
    中学校卒業以降の学歴と学校を卒業した後の職歴、現在の勤務先(会社名・部署名など)。
  • 資格や趣味
    資格は、特別な資格や免許以外は細かく書く必要はなく、なければ書かなくてもかまいません。趣味は人となりが分かる部分でもあり、話題のきっかけにもあるのでなるべく具体的に書いておきましょう。その他、病歴やお金の借り入れ、宗教など結婚生活にかかわることがある場合は、必ずしも釣書に書く必要はありませんが早めに伝えておくのがマナーです。

家族書(親族書)

親の生年月日、住所、職業と、兄弟姉妹の生年月日、現住所または現住地(○県○市など)、職業を書きます。兄弟姉妹が結婚していればその配偶者や子どもについても書きます。その他、家や環境によっては家族の最終学歴や、勤務先の部署や役職を書く場合もあります。

交換する(渡す)タイミング

恋愛結婚の場合、釣書(身上書)は相手の親へ結婚の挨拶に行ったときに渡すケースがもっとも多いでしょう。家族で撮った写真も同封して持参すると、より自分の家族の雰囲気を伝えることができていいでしょう。また、両家顔合わせの食事会の際に釣書(身上書)を交換する家同士もあります。自己紹介と家族紹介を兼ねて、お互いの家族が話したり質問したりするきっかけになります。

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…

ライター:aisa

aisa画像文学、ノンフィクション、専門書や絵本まで何でもありの活字中毒主婦。自分の結婚式は神前式(白無垢+綿帽子)の挙式と身内のみの披露パーティー。自分のことは、もう大分遠い日のことにようにも感じますが、様々な切り口で「結婚」という人類の大きなテーマに迫ってみたいと思います。

Share on Facebook
LINEで送る

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから