結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
HOT

婚活のスタイルとその種類

Share on Facebook
LINEで送る

記事

結婚相談所、婚活パーティ(お見合いパーティ)、婚活イベント、ネット婚活・・婚活のスタイルと種類は多様化しています。結婚相談所はたくさんありますし、婚活イベントは毎日のように開催されています。結婚相談所、婚活イベントやネット婚活を探すときのヒントになる、婚活のスタイルとその種類をまとめてご紹介します。

 

1. 結婚相談所

結婚相談所とは、プロのアドバイザーが自分のプロフィールや相手への希望などの情報をもとにおすすめの相手をピックアップし、実際に会う時の日時の調整をしてくれ、アドバイスやフォローをしてくれるところです。結婚相談所にはネットやCMなどの広告でもおなじみの大手(大規模)のところ~数人、個人でやっている小規模の結婚相談所まで多数あります。

1-1. 結婚相談所の特徴

結婚相談所には次のような特徴があります。入会、登録~お見合いのセッティング、成婚までのシステムや、プライバシーの面で安心して任せられるかどうか、信頼できるアドバイザーがいるかどうか、などが結婚相談所を選ぶポイントになってきます。

  • 本気で結婚したいと思っている人が登録する、つまり時間も費用も使っているので「結婚したい」と考えている人だけと出会える。
  • プロフィールや情報が事前に分かるので効率的に相手を探すことができ、効率的に出来るだけ早く、遅くても一年以内に結婚したいと考えている人が多い。
  • 契約書や証明書など提出する書類が多い分、入会審査が厳格で身分証明もきっちりしていて安心感があるが、学歴や収入、職業等の理由で入会できないことがあるというシビアな面も。
  • セキュリティーやプライバシーが厳重に管理されている。
  • コーディネーターやアドバイザー、仲介人がプロフィールや情報をもとにマッチングしてくれ、不安なことを相談したり、細かなアドバイスをしてもらうことができる。
  • 第三者としての客観的な意見やプロとしての忠告が聞け、断るときにも間に入ってくれるのでトラブルや精神的負担が少ない。
  • 1ヶ月の紹介人数が決まっている。

1-2. 大規模結婚相談所の特徴

会員数の多い大手の結婚相談所は、個人や地域密着型の結婚相談所に比べて次のような特徴があります。とくに婚活パーティやイベントを多く開催していて、自分の希望の日程や場所、テーマに合わせて参加できるところが最大のメリットです。

  • 大手の結婚相談所では、数千人~数万人と会員数が多いので条件や相性がマッチする相手が見つけやすい。
  • コーディネーターをチェンジすることができる。
  • 婚活パーティやイベント、婚活セミナーなどが多彩。

代表的な大手結婚相談所

株式会社ツヴァイ
http://www.zwei.com/ (外部リンク)
流通大手イオンの結婚相手紹介サービス。

楽天オーネット
https://onet.rakuten.co.jp/ (外部リンク)
楽天グループの結婚相談所。

サンマリエ
http://www.sunmarie.com/ (外部リンク)
1981年創業の老舗。

1-3. 小規模・個人結婚相談所の特徴

大多数の中からマッチングするのではなく、個人や地域のネットワークをもとに仲介人の経験を生かして確実に成婚に結び付けていくことを目指す結婚相談所です。

  • 会員1人1人に目が行き届くのでサポートが手厚い。
  • 規模は小さいが、結婚相談所連盟の広いネットワークがある。
  • 一か月間に紹介してもらえる人数が少ない。
  • 地域限定、地域密着型も多く口コミや独自のネットワークを持っていることが多く、紹介の質を保てる。
  • 成婚=結婚退会までトータルで責任をもって対応してくれるが、成婚料は比較的高額。
  • 仲介人(コーディネーター)の考え方や男性と女性の相性の見極め方が大きく影響する。
  • 引き合わせの度に料金「お見合いセッティング料」(1回あたり5千円~1万円程度)がかかる。
  • 費用が比較的高い。相場は入会金10万円~、月額1万円程度、お見合い料1回あたり5千円~1万円程度、成婚料5万円~20万円程度。

日本結婚相談所連盟
http://www.ibjapan.com/ (外部リンク)
全国の結婚相談所1,589社が加盟する日本結婚相談所連盟。全国の小規模、個人の結婚相談所が検索できる。

結婚相談所は、本気でなるべく早く(1年以内が目安)に結婚したいと思っている人や、まとまった費用を「婚活」に充てることができる人、自分一人よりもアドバイスやサポートを受けながら行動したいと思っている人に向いています。

2. 婚活パーティ&イベント

お見合いパーティ(婚活パーティ)、婚活イベント(お見合いイベント)は、結婚相手を探す男女が集まる婚活イベントのことです。職種や年代(20代限定、50代以上限定など)、婚活初心者のみ、再婚者のみ、趣味(趣味コン、オタクコン)などテーマを設定して参加者を限定しているイベント、特定の街を会場にした街コンや観光地を訪れるバスツアーなど形式も会場も多様化しています。会費の相場は、男性4,000円~6,000円、女性なら500円~3,000円程度です。

2-1. 婚活(お見合い)パーティ

形式として最も多いのが、男女が決められた席に座って男女が1対1で数分の間話をするということを順番に繰り返し、全員と一度ずつ会話をすることになるという着席スタイルです。最後に気に入った相手の番号や名前を書いたカップリングシートを提出し、カップルが成立すると連絡先を交換することができるという流れです。

「初対面の人に自分から積極的に話しかけることに抵抗がない」という人には、食べたり飲んだりしながら自由に歩き回って話をする立食スタイルもあります。相手や時間を制限されずに気に入った相手とじっくり会話をすることができるというメリットがあります。

婚活(お見合い)パーティは、初対面の人と話すことができる人、一度にたくさんの人と出会いたいという人、再婚希望、職業、世代などテーマが設定されてて参加者が限定されているパーティに参加したい人に向いています。

2-2. 婚活イベント(お見合いイベント)

婚活イベントは、結婚・交際相手を探している人はもちろん、同性の友だち同士でわいわい参加して異性と出会いたい人などすそ野はどんどん広がり多様化の一途をたどっています。大まかな流れとしては、婚活イベントを出会いの場として利用し、気の合う相手と知り合ったら連絡先を交換した後に個人的に約束をしてデートをするという流れになっています。婚活初心者でもハードルが低く参加しやすいと言われています。

これらのイベントは、「大人の婚活パーティ OTOCON」や「街コンジャパン」などの婚活パーティ、婚活イベントサイトにイベントカレンダーや主催者別、テーマ別に掲載されていて、自分のスケジュールや興味に合わせて参加できるようになっています。また、大手結婚相談所では会員向けのイベントを多数開催していますし、自治体主催のものであれば各自治体のHPや広報誌に「婚活支援」や」「イベント告知」として掲載されています。

2-2-1. 趣味コン

あるテーマが設定されているので、同じ趣味を持った人と出会うことができ、会話の糸口がつかみやすいという特徴があります。婚活のテーマは下記のように多岐にわたっています。

各種グルメ・料理(スイーツ、各国料理、ちゃんこ鍋、ワイン・日本酒、バーベキュー、そば打ち)、アニメ、猫好き、宇宙好き、スポーツ(マラソン、フットサル、ボルダリング、テニス)、謎解きゲーム、アウトドア(ハイキング、ウォーキング、釣り、アスレチック)、ダーツ、サバイバルゲーム、ボウリング、ボードゲーム、バスツアー(縁結びの神様やパワースポットを参拝、果物がり、遊園地、イルミネーション、スイーツバイキング)など。主催者も婚活イベントプロデュース会社や一般のショップ、旅行会社、自治体とさまざまです。

2-2-2. 街コン

エリア単位で行う婚活イベントです。ある地域の同じ時間に数十人~数百名が集まって、複数の店をはしごしながら出会いやグルメを楽しみます。街コンの参加費にはその地域の名物などの指定された店の飲食費が含まれていて、限られた空間に数人が集まる婚活パーティよりも一人、あるいは友人同士で気軽に参加することができます。多くの場合、休日の昼間に開催されるので気がある人がいたらそのまま夕方~夜二次会に移動する人もいます。

代表的な婚活パーティ・婚活イベントサイト

ゼクシィ縁結びパーティ
https://zexy-en-party.net/ (外部リンク)

大人の婚活パーティ OTOCON
https://www.otocon.jp/ (外部リンク)

街コンジャパン
https://machicon.jp/ (外部リンク)

2-2-3. 自治体主催

都道府県や市区町村などの自治体、JA(農業協同組合)などが独自に、あるいは婚活イベントプロデュース会社と共同で婚活パーティやイベントを行っています。地元の男女を引き合わせる目的のものと、テレビ番組の「ナイナイのお見合い大作戦!」のように地方在住の農業や酪農家の男性に都市部在住の女性を引き合わせる「農コン」の2つのパターンがあります。自治体主催だと落ち着いた雰囲気で安心して参加できるという反面、開催回数が少ない、参加に際して職業や年収など身分証明などがないというデメリットがあります。

一般社団法人 日本婚活支援協会
http://konkatu.or.jp/ (外部リンク)
全国の自治体・各団体と協同して婚活支援をしている非営利団体。とくに地方在住の独身者との出会い(結婚)を希望する、都市部在住の独身者向けイベントが多い。

各自治体の婚活イベント例

【東京都】「港区出会い応援プロジェクト」
https://www.city.minato.tokyo.jp/seishounenikusei/event/deai.html (外部リンク)

【神奈川県】「恋カナ!プロジェクト『かながわで恋する』×『かながわに恋する』」 神奈川県県民局次世代育成部青少年課
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0214/koikana/ (外部リンク)

【山梨県】「やまなし縁結びサポート事業事務局」 山梨県県民生活・男女参画課
http://www.pref.yamanashi.jp/kekkon-portal/ (外部リンク)

【愛知県】「あいこんナビ」 愛知県 健康福祉部 子育て支援課 計画・推進グループ
https://jichitaikonkatu.com/tokai90/ (外部リンク)

【京都府】「きょうと婚活応援センター」 京都府健康福祉部こども総合対策課
https://pref-kyoto-konkatsu.jp/ (外部リンク)

【奈良県】「なら結婚応援団」 奈良県女性活躍推進課 (なら結婚応援団担当)
https://www.naradeai.pref.nara.jp/ (外部リンク)

3. ネット婚活(婚活サイト)

婚活サイトとは、結婚を考えている人が自分のプロフィールを登録し、気に入った相手を検索して探すスタイルのサイトです。ネット婚活ともいいます。自宅にいながら一人でじっくり低料金(月額1,000円台~2,000円台が主流)で相手を探すことができる一方、結婚に対する本気度が低い人や大手結婚相談所のように入会審査に必要な書類の提出が義務ではないことから、プロフィール詐称やサクラなど悪質な登録者が問題になってきました。しかし最近はプロフィール情報が本当かどうか、本気で結婚を考えている会員を増やしてサイトの質を上げるために、Facebookのアカウントをもとにした登録や身分証提示(身元照会)、入会審査を徹底しているサイトも多くあります。

気軽に始められる反面、1-2で紹介した大手結婚相談所のようにコーディネーターが相手とのマッチングやお見合いのセッティングをしてくれるわけではないので、メッセージのやり取りが途切れてしまったり、会う約束やその後のアプローチは基本的に自分で行わなければならないので、実際に結婚するまでには時間やエネルギーが要ります。自分のスケジュールに合わせて空いた時間でじっくり活動したい人、初対面の人と話すのが苦手な内向的な人、結婚相談所に登録する前にまずは婚活をやってみたい人に向いています。

「match.com‎」(マッチ・ドットコム)や「ペアーズ(Pairs)」、「ゼクシィ縁結び」、「ブライダルネット IBJ」などが代表的な婚活サイトとして知られています。オタクのための婚活(オタ婚活)専門サイト「アエルネ」などテーマに特化したサイトも。

(文・aisa)

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…
Share on Facebook
LINEで送る

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから