結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
HOT

引き出物に、結婚の内祝いに。カタログギフトのメリット・デメリット&選び方

Share on Facebook
LINEで送る

記事

Photo via VisualHunt.com

カタログギフトとは、贈られた方がカタログの中から好きな品物を選んで注文し、後日品物が自宅に送られるというシステムで、結婚式の引き出物や結婚の内祝いとして利用されています。贈る側はギフト選びに悩まずに済むので何かと忙しい結婚式の準備の負担を少し減らすことができます。その一方で、相手に喜んでもらえるギフトを新郎新婦自らが選ばないことから、中には「手抜き」「思い出に残らない」と受け取るゲストもいるようです。またカタログギフトはシステム利用料や送料が価格に含まれています。そのため、3000円、5000円といった額面よりも品物が安く設定されている場合も多く、「安っぽい」と感じてしまうゲストもいます。今回はカタログギフトのメリットとデメリット、選び方と上質でおしゃれなカタログギフトをご紹介します。

カタログギフトのメリットとデメリット

ではまずカタログギフトのメリットとデメリット、選び方と上質でおしゃれなカタログギフトをご紹介しましょう。

カタログギフトのメリット

  • 新郎新婦は引き出物を何にするか考えなくて済み、ゲストによって贈り分けも考慮しなくて済むので準備の負担が小さい。
  • 披露宴の招待客や結婚の内祝いを贈った相手が、自分でほしいものを選んでもらえるので、好みに合わないのではないか、同じものを持っているのではないか、不要ではないかといった心配がなく無駄がない。
  • 披露宴の引き出物の場合、かさばらず重くないのでゲストが持ち帰りやすい。とくに遠方からの招待客が多い結婚式では便利。
  • 贈られた側は不要なものや好みに合わないものをもらわなくて済む。

カタログギフトのデメリット

  • 贈られた側が欲しいものがない場合がある。
  • 「引き出物や内祝い=新郎新婦が選んだ形あるもの」というイメージが強い年配のゲストの理解を得られないことがある。
  • 「これは○○さんの引き出物」と思い出に残らない、新郎新婦の個性が出ないのでつまらない。
    ギフトの申し込みをし忘れて、申し込みの有効期限が切れてしまう人がいる。
  • システム利用料や送料が含まれた額なので、実際のギフトの価格が自分たちで選んだ引き出物より安くなる傾向がある。

カタログギフトの選び方

雑貨や食品、アクセサリーやキッチン用品などさまざまなジャンルのギフトが幅広く掲載されていて贈る相手を選ばない総合カタログや、レストランの食事やエステの体験チケットなどモノではなく体験も含まれているカタログ、すべて「made in Japan」にこだわったカタログやグルメに特化したカタログなどがあります。

引き出物の相場は一般的な披露宴の場合4000円~6000円程度です。友人や上司、親戚など関係性によって変わるので予算によってカタログギフトを贈り分けます。多くのカタログギフトが2000円~10000円程度まで予算に応じてコースを設けています。必ずカタログの中身を確認します。ほとんどのカタログをweb上で見ることができますし、見本を取り寄せることもできます。品数が少なくほしいものがない、品物の説明が少なく選びづらいといったことがないように品数とギフトの情報が不足していないかどうか確認するようにしましょう。

おすすめカタログギフト

antina gift studio (アンティナギフトスタジオ)

ウェディング専用カタログ「COURONNE(クロンヌ)」。ハレの日にふさわしい写真集のようなビジュアルを配した華やかなギフトカタログ。「Bleu Horizon(ブルー・オリゾン)」3,348円(税込)、「Orseille(オルセーユ)」3,888円(税込)など、3,000円台~10,000円台まで全6コース。
記事

COURONNE(クロンヌ) https://antina.jp/AOS/products/list.php?category_id=464 (外部リンク)

大切なあの方に「ニッポンの心」を贈りたい。「モノ」が生まれる現場を訪ね、メイドインジャパンの品々を集めたギフトカタログ「Made In Japan」。3,942 円(税込)~44,226 円(税込)の全9コース。
記事

Made In Japan https://antina.jp/AOS/products/list.php?category_id=489 (外部リンク)

大丸松坂屋

ブライダルカタログ「大丸・松坂屋ブーケ・ド・マリエ」は本体価格3,600円~10,600円の全6コース。

大丸松坂屋 http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/ (外部リンク)

阪急百貨店

関西一の売り上げを誇る阪急百貨店のカタログギフトは「阪急ギフトセレクション」。3,000円台~5,000円台まで全12コース。

阪急百貨店 https://web.hankyu-dept.co.jp/ecshop/hankyu.do (外部リンク)

(文・aisa)

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…
Share on Facebook
LINEで送る

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから