結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
HOT

ゲストが喜ぶウェディング!40代の結婚式計画のポイント

2017-09-21

Share on Facebook
LINEで送る

記事

社会経験も、結婚式への参加回数も積み重ねてきた40代。結婚式に列席するたびに「自分だったらこういうふうにしたいな」「この会場は素敵だな」と思うことも多いはず。

今回は大人のゲストに喜んでもらうためのポイントについて解説していきます。

特別な時間を演出する会場でおもてなしを

40代の結婚式では、招待するゲストも同年代の同僚や友人、年配の親族など大人が多くなってきます。お世話になってきた方に結婚相手を披露し、おもてなしをするのがウェディングの目的ですから、ゲストに「行ってよかった」「楽しい時間を過ごせた」と思ってもらえるような結婚式・披露宴にしたいものです。

大人のゲストが招待されてうれしいのは、「料理がおいしい」「高級ホテル」など、非日常を味わえる空間でのウェディングのようです。普段は味わえない料理や結婚式などの機会がないと訪れない施設など、特別でちょっぴり贅沢な気分になれる会場を選ぶと喜ばれそうです。

また、大切なゲストに楽しんでもらうためには、会場のスタッフのサービスやホスピタリティも確認しておきましょう。挨拶や表情など、会場の雰囲気や自分たちのおもてなしスタイルに合っているかどうか、しっかりとチェックを。

大人のゲストが重視するのは料理

20代の頃には結婚式そのものに物珍しさや憧れを持つことも多いですが、30代・40代となると一回一回の式・披露宴に質を求めるようになってきます。

ドレスや装花も大切ですが、中でも特にゲストが重視するのが料理。目や舌が肥えてきた大人のゲストにとって、料理がおいしいウェディングは印象に残りやすく、イマイチなときには満足度が低くなってしまいます。お金をかけるなら第一に、料理やドリンクを充実させるといいでしょう。

会場を決める際には、ぜひ料理も試食して選ぶようにしましょう。アレルギーに対応してもらえるか、できたての料理を熱々のうちに提供してもらえるか、盛り付けはウェディングスタイルに合っているか、といった面も要チェックです。

そして会場が決まった後には、当日の料理をきちんと二人の舌で確かめてから決定を。必要に応じて料理をランクアップさせるなど、「おいしかったね」とゲストに喜んでもらえるように工夫してみましょう。披露宴の中でシェフから料理の説明をしてもらったり、料理にまつわる二人のエピソードを披露したりするのもおすすめです。

演出より語らいの時間を大切に

披露宴では余興やお色直しなどさまざまな演出を取り入れることができますが、演出を多くすればするほどゲストとの時間が短くなってしまいます。たくさん演出を入れてショーのような豪華なパーティーにしたいのか、写真撮影をしたりゲストのテーブルに行って直接話したりといった時間(歓談の時間)を多くとるアットホームな雰囲気にしたいのか、イメージを明確にすることが大切です。

まずは「キャンドルサービス」「お色直し」「ものまね芸人の歌」など取り入れたい演出を挙げた上で優先順位をつけ、歓談の時間とのバランスを考えながら計画を練っていきましょう。これまで友人や家族・親戚などの結婚式に列席してきた中で、「あまり盛り上がらなかったな」「もう少し時間が短いほうがいいかも」など、自分たちが感じた感想を反映するのがおすすめです。招待したゲストの好みを考えながら、本当に喜ばれそうな演出を吟味しましょう。

またお色直しは一回につき30分程度は中座が必要になるため、衣裳の数が増えるとどうしても新郎新婦が会場にいない時間が長くなります。

着たい衣裳がたくさんあって絞れない、という方は、前撮りやウェディングフォトを考えてみるのもいいかもしれません。ゆっくりとスタジオやロケーション撮影ができ、アルバムを作れるため、前もって撮影を行っておくことで当日ゲストに納得のいく素敵な写真を披露することも可能です。

40代結婚式のポイントをおさらい

  • 大人ゲストが喜ぶのは「料理の美味しさ」。予算も料理を最優先に。
  • 料理は大人のゲストの印象に残りやすいから、試食を重ねてしっかりと吟味を。
  • 高級ホテルなど「非日常空間」も喜ばれる。
  • 会場スタッフのサービスレベルとホスピタリティも要チェック(挨拶や表情も)。
  • 歓談の時間を大切にするのが◎。余興などの時間配分はバランスをよく考慮して。
  • 自分たちだけではなくゲストも楽しめる演出を取り入れる。
  • 招待客として列席した過去の披露宴で感じたことを思い出しながら検討する。
  • お色直しが多いと新郎新婦が会場にいない時間が長くなる。衣裳を色々着たい場合は前撮りも検討する。

ゲストとして招待される機会を重ねてきた40代だからこそできるおもてなしで、二人らしいウェディングを計画してくださいね。

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…

ライター:Mia

maha画像甘いものが手放せないフリーランスライター。恋愛・美容などの女性向け記事から企業のウェブサイトまで幅広く関わらせていただいています。猫好き。元ブライダルヘアメイク。インドア派で朝の準備は遅いけれど思いつきで海外に長期滞在するような偏ったフットワークの持ち主。行った先々で美しい紙とおいしいレシピを集めています。

Share on Facebook
LINEで送る

NEWS > 挙式準備 > 結婚スタイル > ゲストが喜ぶウェディング!40代の結婚式計画のポイント

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから