結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
HOT

運命の愛は人を変える-ディズニープリンセスの恋愛論 『美女と野獣』編

2015-09-10

Share on Facebook
LINEで送る

記事

女の子たちの大好きな、きらびやかな夢のようなディズニープリンセスの世界。しょせんは美しいお姫さまが王子さまと一目惚れし合うまったく現実離れした話…と思っている方も多いかもしれませんが、そうではありません。たとえ古い童話や民話などを題材にしていても、1990年以降のディズニープリンセス作品には実は現代的な恋愛、結婚観が盛り込まれているのです。

そんなディズニープリンセスのお話をご紹介するシリーズ、第1回は、『美女と野獣』を取り上げたいと思います。

真の賢さをもつ美女と、男の魅力と力をはき違えた王子

ディズニープリンセスのアニメのなかでもとても特徴的な“王子さま”が登場する『美女と野獣』。彼は元々美しく勇猛な王子でしたが、高慢で思いやりの心をもたない人物であり、人を見た目で判断する人物でした。それ故に魔女によって野獣の姿に変えられてしまいます。魔女は王子が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を手にしなくては元の姿には戻れないといって去ってしまったのです。

一方、ベルは町一番の美貌の持ち主ですが、発明家の父の影響を受けて本好きで空想好きで“変わり者”と思われている娘。王子と同じくハンサムだけど高慢な男ガストンにもなびきません。ベルはただ力ある高慢な男をもてはやす他の娘とは一線を画しており、そんな男がいかに愚かで醜いかを分かっており、彼をはっきりと拒絶できる意思ももっています。『美女と野獣』は、賢き美女によって愚かな王子が愛を知り、変わっていく物語なのです。

愛とは思いやり!愛しているからこそ彼女を自由に

野獣の城にきたばかりのときは、ベルは横暴で礼儀知らずな彼の態度に怒り、城から逃げ出してしまいます。しかし、その際野犬に襲われた彼女を野獣が身を挺して救うのです。それをきっかけにベルは彼の心のなかにあった優しさに気づき、ふたりの間に愛が芽生えます。

不器用ながら徐々に深まっていく愛情がとても微笑ましいふたりでしたが、ベルは残してきた父親のことを心配しています。魔法の鏡によって父親が病気と知って動揺するベルに対して野獣は、ベルを城から解放します。愛を確かめ合ってはいないので、このままでは人間には戻れないかもしれないのにです。

それは「愛しているから…」と言う彼。本当に愛したからこそ、強引に我がものにするのではなく、ベルの気持ちを大切にしたいと思ったのです。

一方、ガストンのほうは、とことんベルを所有することに執着してそのまま突っ走ります。ガストンは最後に野獣と対峙しますが、まさにそれは野獣にとってかつての冷たく高慢な自分自身との戦いを表していたのでしょう。

『美女と野獣』を見ていると、愛と執着は似て非なるものだなと改めて実感させられます。巷のストーカー事件などにはまさにガストンの心理そのものなのでしょう…。それは愛でも、恋愛ですらないですよね。

野獣はベルに優しくすることによって優しくされ返す心地よさを知って変わったのです。しかし、そんな野獣もはじめはガストンと同じレベルでした。とすると、ガストンにだって彼を変えてくれる相手がどこかにいたのかも?それは相性というもの、これこそが運命といえるのかもしれません。

ライター:AY

AY画像仕事も私生活ものんびり派。ライター業は30代から、結婚は35歳で早もうすぐ四十路・・・。お陰様でビジネス、自己啓発、夫婦生活、エンタメなど幅広い分野で執筆活動中。仕事も結婚生活も続けられている幸せをかみしめつつ、現代を生きる一生活者の目線で執筆しています。

Share on Facebook
LINEで送る

NEWS > カルチャー > 映画 > 運命の愛は人を変える-ディズニープリンセスの恋愛論 『美女と野獣』編

NEWS > 結婚観・恋愛観 > 運命の愛は人を変える-ディズニープリンセスの恋愛論 『美女と野獣』編

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから