結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

結婚・結婚式の「今」を徹底追求するウェブマガジン『Pridal TIMES』プライダルタイムズ

結婚の「今」を徹底追及!

写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal
写真だけの結婚式 Pridal

賛否両論あるけど、かなり楽しい!オタク婚式とは?

2019-06-07

Share on Facebook
LINEで送る

記事

オタ婚式という言葉をご存知でしょうか?自分が趣味としているアニメ、漫画、ゲーム、アイドルなどの世界観を取り入れた結婚式のことです。もしかしたら、自分ではそういう意識がなく自然と自分の好みを反映されたらそのようになったという場合もあるかもしれません。

オタ婚式演出の内容は様々で、言われなければオタ婚式であることには気づかない程度のものから、かなりディープなものまであります。ここではオタ婚式の演出を紹介し、ゲストの反応、本人の満足度を解説し、現代の結婚式のあり方についても追及してみたいと思います。

オタ婚式とは?オタクによる、オタクのための結婚式

オタク式結婚式、オタ婚、オタ婚式、名称はまだ定着していません。しかし、従来の結婚式の枠にとらわれず、自分の好きなものを結婚式でアピールする方は増えてきているようです。

従来型の結婚式は、プランナーが用意するある程度の選択肢のなかからアイテムや演出内容を選んだら、後は全てお任せ、というスタイルが多いといえるでしょう。ここでより重要なのは式場選びでした。結婚式は決まり事をなぞってやるものという意識もカップルの方にあったかもしれません。

しかし、今では自分たちの手で1つ1つ作り上げていく、自分たちのセンスや趣味をより強く打ち出す結婚式を、若い方が好む傾向にあります。その中で、自分の好きなもの、アニメ、漫画、ゲーム、アイドルなどを結婚式のコンセプトに選ぶことがあるわけです。

オタク趣味軽めのオタ婚式演出アイデア

同じオタ婚式でもかなりディープなものと軽めのものがあります。軽めのもの、つまり知っている人なら「ああこれね!」と思っても、知らない人は気づかない、といった程度の演出、取り入れ方としては以下のようなものがあげられるでしょう。

BGMにアニメソングやアイドルの曲などを使う

全てではなくても、BGMに数曲、自分が好きなアニメやアイドルの曲を使うのはよくあるようです。誰もが知っている有名すぎる曲、その場・シーンに合わない曲だと悪目立ちするかもしれませんが、多くの人が知らない、その場に馴染む曲なら使いやすいでしょう。

お色直しのドレスに推しのイメージカラーのドレスを選ぶ

ドレスとして選びやすい色なら違和感ないと思います。

ブーケで好きな作品の世界観や、作品に登場する花を使う

好きなキャラクターをイメージしたお花や、作品のモチーフになっているお花などを使ってブーケにすることもあるようです。元々ブーケは好みに合わせ人それぞれですから、少しかわった印象のものでもおかしくはないと思います。

同じ好みの方なら「ああ、あのキャラクターをイメージにしているんだな」と分かりますが、そうでないなら特に気にとめないので取り入れやすいと思います。

招待状やウェルカムボードなどに、キャラクターのイメージカラー、モチーフをあしらう

一般的な結婚式でも招待状、ウェルカムボードは新郎新婦のDIY、手作りで作ることが多いので、自分の好きなものを表現しやすいでしょう。

ディープなオタ婚式演出アイデア

一生に一度の結婚式だから思い切って大々的に自分の好きを表現したい、そう考える方もいるようです。オタクの方は凝り性ですし、自分で何かを作るのが好きな方が多いものですね。「さりげなく」とか「分かる人にはわかる」ではとてもじゃないけど満足できないという方もいるでしょう。そんな方には下記のような思いきった演出はいかがでしょう。

オープニングの映像が好きなアニメを模したもの、ドラクエなどゲーム風になっている

年配の方はオープニング映像自体慣れていないので驚くでしょうが、オープニングを楽しいものにすることは一般的な結婚式にもよくあるので、それほど趣味が一致しない人も抵抗はないかもしれません。

ケーキがキャラケーキ、入刀を剣などで行う

子どもの誕生日は今ではキャラクターのデコレーションは一般的ですが、さらにそれがバージョンアップしたものを用意するカップルは多いようです。キャラクターについて知識のないゲストは「これは何だろう?」という感じですが、だからこそ話題になっていいかもしれません。

さらに凝る方は入刀のナイフをアニメやゲームで登場するような剣にすることも。最近は2.5次元ミュージカルの『刀剣乱舞』が人気ですが、もしかすると、日本刀でというのもあるかもしれません。

お色直しがコスプレ

これは賛否両論あると思いますが、コスプレはみんなに披露してこそなので、結婚式は最高のコスプレ機会と考えるカップルがいてもおかしくありません。最近のコスプレのクオリティーはかなり高く、アニメから抜け出たかと思えるような完成度の方もいます。興味のない方でも一見の価値はあると思います。同じ趣味の方にはもちろん、子どものゲストには間違いなく大うけでしょう。

ゲストにもコスプレしてもらう

同じ趣味の友人のみの二次会なら面白いでしょう。しかし、披露宴でそれをお願いすると戸惑う方が多いと思います。コスプレ未経験者でもこの機会にできてよかったという方もいるかもしれませんが。

始めから最後までアイドルのコンサートを模した演出

アイドルを追っかけるのも楽しいけど、一度は自分自身もアイドルそのものになってみたいという方もいるのではないでしょうか。結婚式はそれを叶える唯一のチャンスかもしれません。これについては、観客役をしてくれるゲストの協力が欠かせません。ペンライトを持って声援を送ってもらう、などの演出を楽しんでくれるゲストであればうまくいくでしょう。招待客の客層を見極めましょう。

新郎新婦の紹介がオタク歴

オタク歴、いつ何に夢中になったかはその人の人生の軌跡といってもいいものです。表面的な情報よりもその人の人柄をより深く分かります。よって、オタク歴を紹介に加えることは面白いように思います。新しい家族に今後のオタク活動について理解してもうためにも悪くないアイデかもしれません。

自分たちの馴れ初めを1冊の本にしてプレゼント

同人誌を作ることを趣味にしている方なら本の製作のノウハウを持っていますし、準備も楽しいものになるでしょう。結婚にあたって自分たちの馴れ初めや思いをつづった1冊を制作する方もいるようです。また、ノベルティ作りも得意分野かもしれませんね。その場合、オリジナルの小物もかなり本格的なものが制作できそうです。記念の意味合いが大きいですが、いかに色んな方に楽しんでもらえるものを作るか、腕の見せ所かもしれませんね。

作品世界の専門用語を式の中で使用

“推し”という言葉は最近誰でも使うようになりましたが、元々はアイドルが好きな人の間のみの用語でした。このように、オタクな趣味の中には他の人には通じない独特の用語が多数あり、それを同じ趣味同士で使っていくことでますます連帯感が深まっていくものです。司会者や祝辞をしてくれる方、新郎新婦自身がそうした用語を、結婚式で意識的に使うという演出もあるようです。ただし何のことを言っているのか分からない方にとっては疎外感を覚えてしまうかもしれませんので、これも客層の見極めがポイントです。

オタ婚式、呼ばれたゲストの本音は?

結婚式自体、非日常であり、お祝いムードを盛り上げていくのがゲストとしてのマナーとも言えるかもしれません。また、せっかくお洒落してお祝いするなら、積極的に楽しみたいと考える人は多いので、ちょっと変わった趣向のあるオタ婚式を、楽しいものとして受け取るゲストは多いようです。

しかし、一方で結婚式を神聖な儀式と考えている方、品格あるおもてなしをすべきと考えている方もいます。オタク趣味であっても見てればいい演出ならまだいいですが、ゲストも参加しないといけない演出、コスプレ、コンサート風は場合によっては難しいでしょう。お祝いとはいえ、やりたくないことをやらされたと思えば不快な気持ちになる方も少なくないと思います。そういう演出は二次会でとりいれたほうが無難かもしれません。

結婚式の形態は「家」から「個人」に。オタ婚式もスタンダードに?

結婚式にはトレンドがあり、今日の非常識は明日の非常識です。例えば、日本でキリスト教徒でもないのに、キリスト教式の結婚式をするなど非常識と眉をひそめた人はいたはずです。しかし、今ではキリスト教式は最もポピュラーな式の1つになっています。

一昔前はオタクであることを隠す人も多かったですが、例えばアニメ、漫画、コスプレなどオタクの文化自体、オープンなものになり、むしろネットでは自分の趣味をアピールする人は増えています。イベント会場に行くと、顔見知りでなくても、自分の好きなことを紹介してくれたり、明るく挨拶してくれたり、オタクと自称する人も変化したと思います。

オタクは暗い、結婚しない、人付き合いできないという偏見もありましたが、今は違います。趣味でつながり、恋愛し、結婚するというパターンはよくあります。オタク婚活が行われるようになったのもそのためです。こう考えると、今は多くの人が特殊と考えるオタ婚式への理解は今後広まり、結婚式の1つの形になっていくということも考えられます。

また、かつて結婚式は「家」を中心とするもので、最も厚遇されるゲストは親せき家族、会社の上司でした。しかし、今では自分たちが正真正銘主役で「個人」を大切にする式が増えてきており、オタ婚式はその最たる形態といえるのかもしれません。

オタク婚式からは、決まり事や大多数の意見であっても自分が満足しないものにお金を出さない、というしっかりした金銭感覚も垣間見えます。思えば、一昔前は結婚式の資金は親がかなりの金額を援助することが多く、その分口も出しました。しかし、最近は新郎新婦が自分の裁量で結婚式をおこなうことも多いので、自分たちの満足度を優先するのも当然なのかもしれません。

とはいえ、今後のお付き合いを思えば、家のことはともかく、多くのゲストを招く以上、みんなに楽しんでもらい、祝福してもらうという視点は忘れてはならないことです。自由が許されるからこそ、思いやりや気遣いが問われ、その人の人柄が試されます。客層に合わせた演出のチョイスは熟考すべきでしょう。全てを決める前にオタクではない友人にアドバイスをもらうのもいいかもしれません。

注目!

椿山荘画像

大人フォトウェディングに絶対おすすめ-格式高い結婚式場として不動の人気は?
都心とは思えない緑豊かな広大な庭園、ラグジュアリーなホテル館内など撮影ポイント満載でフォトウェディングを考えているカップルにも絶対におすすめなのがホテル椿山荘東京。チャペルでの撮影も可能、ドレスや和装のラインナップも豊富…

ライター:AY

AY画像仕事も私生活ものんびり派。ライター業は30代から、結婚は35歳で早もうすぐ四十路・・・。お陰様でビジネス、自己啓発、夫婦生活、エンタメなど幅広い分野で執筆活動中。仕事も結婚生活も続けられている幸せをかみしめつつ、現代を生きる一生活者の目線で執筆しています。

Share on Facebook
LINEで送る

NEWS > 挙式準備 > 披露宴演出 > 盛り上がる演出アイデア > 賛否両論あるけど、かなり楽しい!オタク婚式とは?

「結婚式の費用を抑える、とっておきの方法」はこちらから