Twitterでつぶやく Facebookでシェアする mixiチェック はてなブックマーク Evernoteでクリップする

■PDFダウンロードAdobe PDF

News Release

2011年4月6日
株式会社キリフダ

震災後の結婚式自粛ムードの中、"フォトブライダル"が人気!
結婚式をしない新ブライダルサービス『Pridal』に老舗式場の椿山荘が参加

ホテルオークラ東京、グランドハイアット東京など一流ホテルが続々参加。
椿山荘も参加し、4月7日(木)よりお客様体験談などを加え、
HPをリニューアルいたします。

 株式会社キリフダ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:豊沢真輔)は、新ブライダルサービス『Pridal』(読み:プライダル)に椿山荘を追加し、HPをリニューアルいたしました。昨今、高額な費用などの理由から結婚式を行わないカップルが増えています。そのようなカップルのために「婚礼衣裳での写真撮影」と「身内だけでのお食事会」をひとつにした"フォトブライダル"を提供しています。

 東日本大震災の影響で、結婚式はキャンセル・延期が相次いでおり、ブライダル業界も大きな打撃を受けています。このような状況の中、本格的な結婚式を行う前にとりあえず『Pridal』をご利用いただく方が増えております。なかでも、ウェディングドレスを着て、身内だけの顔合わせを行う結納の欧米版『婚約式』として利用される方が顕著です。

 今、震災で多数の方が被災され、日本の産業自体が大きなダメージを受けています。そのような中でも、日本人そして愛し合うふたりの『絆』を深めるサービスを、『Pridal』は提供していきたいと考えています。

婚礼衣裳撮影と食事会をひとつにした“フォトブライダル”を提供
『Pridal』を利用する3つのメリット

(1)会場は憧れの高級・人気ホテル&式場。
ホテルオークラ東京、グランドハイアット東京、椿山荘等の高級・人気ホテル&式場でフォトブライダルを行います。
(2)お手ごろな料金。最安は99,800円(2名様)から。
各社共に魅力的な料金プランをご用意しています。最安は99,800円(2名様)からございます。なお、婚礼衣裳撮影には、「新郎新婦の衣裳レンタル」「ヘアセット&メイク」「着付」「お写真」が必ず含まれます。
(3)手間いらず。最短7日後に実施可能。
通常の結婚式とは異なり、準備にかかる手間が大幅に軽減。最短7日後に実施可能です。

こんな形で、結婚式の前にフォトブライダルで『婚約式』を行うカップルが、震災で結婚式自粛ムードの中、増加中です。

≪参考ページ≫Pridalお客様体験記 ホテル日航東京編

[新ブライダルサービス『Pridal』が誕生した背景]

 新ブライダルサービス『Pridal』は、様々な理由から挙式・披露宴こそ行わないが、大切な記念として、せめて「婚礼衣裳での写真撮影」と「身内だけでのお食事会」だけは行いたいというカップルに、今まで高級・人気ホテルが独自に提供していなかった「写真撮影」と「お食事会」をパッケージで提供する、今までにないサービスです。
 以前は、このようなサービスを受ける場合、必ず高額な挙式がセットになっていたり、一件一件ホテルと交渉することが必要でしたが、新ブライダルサービス『Pridal』では、サイト内で各提携ホテルのプランを比較・検討することができ、さらには、空き情報から予約ができる“ワンストップ”なサービスとなっています。

 また、ホテル側も少子化などの影響により、結婚式市場が縮小傾向にある中、通常のウェディングプランとは異なり、短い期間で対応できるなど、新しいカテゴリーのサービスとして、期待されています。

 株式会社キリフダは、向こう3年以内に新ブライダルサービス『Pridal』で、年間約1万件の受注を目指します。

[51%のカップルが結婚式を行っていない。でも、大切な記念は残したい。]

 昨今、結婚式を行わないカップルが増えています。経済産業省・厚生労働省の白書によると、結婚したカップルの51%が、結婚式を行わない傾向にあります(下記調査データ参照)。さらに、結婚式を行わないカップルが結婚式の代わりに行ったことの第1位が「身内だけのお食事会」、第2位が「婚礼衣裳での写真撮影」、第3位が「二人だけのディナー」と続きます(Pridal『2010年度結婚式に関する意識調査』より )。婚礼衣裳撮影とお食事会をワンパッケージにした“フォトブライダル”を提供する『Pridal』は、今の時代に求められるブライダルサービスであると自信を持っておすすめします。

◆『Pridal』調査データ

1.今、結婚したカップルの51%が結婚式を行っていない。

<根拠>
平成17年度の年間挙式披露宴件数は35万1055件=① ※1
同年の婚姻件数は71万4265件=② ※2

平成17年の婚姻者で挙式披露宴を行っていないカップルの割合は

  ②-① ÷ ① ×100=51%

※1 経済産業省「平成17年特定サービス産業実態調査」
※2 厚生労働省「平成18年度『婚姻に関する統計』の概況」

2.結婚式を行わない理由の第1位は『高額な費用』

20代~50代の5年以内に結婚し、かつ結婚式を行わない女性約200名にWEBアンケート調査を行ったところ、結婚式を行わない理由の第1位は『高額な費用』が61.4%、第2位は『結婚式を計画するのが面倒くさいから』27.1%、第3位が『結婚式に興味・関心がないから』が26.1%という結果になった。

※「Pridal 『結婚式に対する意識調査』(2010年9月)」より
[Q]あなたはなぜ結婚式(挙式&披露宴)を挙げなかったのですか?(※複数回答)
‐調査対象:全国 20代~50代 過去5年以内に結婚した女性
‐サンプル:20代女性74名/30代女性84名/40代&50代女性49名/計207名

3.結婚式を行わないカップルが、 結婚式の代わりに行ったことの第1位は
『身内だけのお食事会』、第2位は『婚礼衣裳での写真撮影』

さらに上記と同調査で結婚式を行わない女性に、結婚式の代わりに行ったことを聞いたところ、第1位は『身内だけのお食事会』が53.6%、第2位は『婚礼衣裳での写真撮影』20.8%、第3位が『二人だけのディナー』が15.9%という結果になった。

※「Pridal 『結婚式に対する意識調査』(2010年9月)」より
[Q]あなたが結婚式(挙式&披露宴)の代わりに行ったことは何ですか?(※複数回答)
‐調査対象:全国 20代~50代 過去5年以内に結婚した女性
‐サンプル:20代女性74名/30代女性84名/40代&50代女性49名/計207名
※上記詳細資料をご希望の方は事務局にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
『Pridal』PR事務局(ピーポイントプロモーション内) 担当:宇野(080-5514-7370)、川野
TEL:03-3584-7370 FAX:03-3584-1310 E-mail:info@ppoint.co.jp

ページトップへ